シャドウバース

【シャドウバース】致命の刃の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

【シャドウバース】致命の刃の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

最終更新: 2017-06-14 17:56:08

シャドウバースの新パック「ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams」に実装されるカード「致命の刃」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

致命の刃

カード名 評価 レアリティ
致命の刃 B+ ゴールド
クラス タイプ コスト
ヴァンパイア スペル 3

相手のフォロワー1体は"【攻撃時】このフォロワーに3ダメージ"を持つ。
復讐状態なら、相手のフォロワー1体ではなく、相手フォロワーすべては"【攻撃時】このフォロワーに3ダメージ"を持つ。

カード考察

3コストの単体に対する疑似的な除去カードです。復讐状態であれば相手のフォロワーすべてに効果を及ぼすことが出来ます。

単体への3点除去としては2コストの鋭利な一裂きと群れなす飢餓が存在します。これに比べて3コストというのは非常に弱いです。

復讐状態の除去としては黙示録が4コストで全体8点を叩き出せますが、敵だけを狙って効力を発揮できるのは優秀だと言えそうです。

その場で3点ダメージではなく、攻撃時に3点ダメージを与えるという除去なので、守護をはじめ攻撃せずとも有用な能力は残りますし、進化やバフなどで破棄を回避することも可能になってきます。一方、ラストワードで他のフォロワーを出すタイプは通常の除去だと翌ターン即殴ってきますが、致命の刃なら破棄も相手ターンなのでアタックを阻止出来ます。

除去と比べて致命の刃のテキストの方が優れている点はラストワードでフォロワー生成するタイプのアタック阻止ぐらいだとは思います。このため、通常の除去と比べ、流石にかなり使い勝手の悪い効果ではあると思います。

これらを総合すると、復讐状態の効果を期待しやすいデッキで使うこと、全体除去というよりは一部を除去しつつ通り抜けてくるフォロワーも少なくないが打点軽減効果は見込みやすい、ぐらいの温度感のカードだと思うと良いかもしれません。

復讐後の打点軽減手段として悪くない仕事はしそうなので、採用選択肢には入ると考え、評価はB+としています。

相性が良いデッキ

コントロールヴァンパイア/復讐ヴァンパイア

ブラッドムーンやベルフェゴールなどを利用した構築であれば、黙示録を引けてない試合を誤魔化したり、行き過ぎた自傷後の打点を軽減するために採用する可能性はありそうです。他の軽量アタッカーを出しながら使うことが出来るコスト帯なので、復讐ヴァンパイアにおいても有効かもしれません。小型が多い環境では致命の刃、中型以上が多い環境では黒死の仮面など使い分けも可能そうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ