シャドウバース

【シャドウバース】災厄の屍王の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

【シャドウバース】災厄の屍王の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

最終更新: 2017-06-19 18:33:20

シャドウバースの新パック「ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams」に実装されるカード「災厄の屍王」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

災厄の屍王

カード名 評価 レアリティ
災厄の屍王 C レジェンド
クラス タイプ コスト
ネクロマンサー フォロワー 4

進化前:4/4
このフォロワーは攻撃不能。
自分のターン開始時、【ネクロマンス】6;このフォロワーは進化する。

進化後:4/4
(攻撃可能)
【ラストワード】災厄の屍王を1体を出す。

カード考察

非常に特殊なフォロワーです。

進化状態になるまで攻撃することが出来ません。また、進化してもスタッツが4/4のままですがラストワードで自身(進化前)を盤面に生成可能です。

能力で自ターン開始時のネクロマンスを6消費して進化することも可能です。

まず、進化後能力の有用性に関してですが、単純なスタッツとして、進化後4/4/4というのは極めてスタッツが低いです。このため、素進化での有用性はスタッツ面ではかなり低めです。一方で進化時のラストワードですが、登場するのは進化前の災厄の屍王なので、進化しなければ場に存在しないのとほぼ同義です。大きなメリットとは言い難いです。

こうなってくると、どれだけ自身の自己進化能力が有用かという話ですが、ネクロマンス6というのが冗談のように重いです。

発動が自ターン開始時なので、ミントで踏み倒すのも容易ではありません。(というかターン跨ぎで踏み倒せるならデスタイラント積みますよね。)

一応進化で一方か相討ちを取った跡地に4/4を残し、墓地が6貯まっていれば翌ターンから攻撃出来るという動きはそこそこの動きではあると思いますが、ネクロマンスを6消費しているというのが致命的で、中期戦以降を期待するデッキに積むのはやや無理があります。他に考えられるのは無視されることを前提にした奇襲などでしょうか。

ところどころ強い場面は起こり得ると思いますが、デッキ構築時点から期待するには費用対効果が見合っていない効果だと思われます。一応見どころのある動き自体は存在し得るので、評価はCとしておきます。

相性が良いデッキ

アグロネクロ

アグロの動きとも相性が良いとは言い難い能力だと思いますが、破壊しておくという動きの優先順位を下げられるとは思うので、奇襲リーサルが可能かもしれません。ただし、進化権を使うにはスタッツが低く、ネクロマンスが6貯まらない局面では本当に腐るので、あまり積みたいカードではないように思います。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ