シャドウバース

【シャドウバース】兎耳の従者の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

【シャドウバース】兎耳の従者の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

最終更新: 2017-06-21 13:00:43

シャドウバースの新パック「ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams」に実装されるカード「兎耳の従者」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

兎耳の従者

カード名 評価 レアリティ
兎耳の従者 B+ ブロンズ
クラス タイプ コスト
ロイヤル フォロワー(兵士) 3

進化前:2/3
【ファンファーレ】自分の場にいるニュートラル・フォロワーの数だけ、カードを引く。

進化後:4/5

カード考察

ロイヤルのニュートラルシナジーカードの1枚です。

このカードは場に出した時自分の場に存在するニュートラルフォロワーの数だけドローする効果となっています。

スタッツも3/2/3と標準スタッツなので、ニュートラルデッキに入りそうな顔をしているのですが、実際のところはそれなりに怪しさがあります。

まず、自身がニュートラルフォロワーではないため、他のニュートラルシナジーの影響を受けることが出来ません。

また、ドローするという効果はアリスの手札バフ枚数を増やしてくれるというシナジーはあるものの、序盤に得て嬉しい効果かと言われると疑問があります。

ただし、中盤以降手詰まり気味の場面で12兎耳の従者などと展開し、2枚程度ドローすることで解決策を引きに行く動きやトランプナイト招集で生き残ったフォロワーと合わせてドローし、展開力を維持するなどの使い方は出来ます。

3コストの頭数としてこのカードを数えるとシンデレラをはじめ様々なカードとアンチシナジーするため、かなり扱いにくいでしょう。一方で、基本的には中盤以降のカードと看做しつつ他に何も3コストで引けなかったら妥協ムーブとして展開するというような運用を想定するならありだと言えそうです。

狙うゲーム展開次第で構築に入れるも入れないも考えられる選択肢カードだと思われるため、評価はB+としています。

相性が良いデッキ

ニュートラルロイヤル

3ターン目の妥協ムーブや中盤以降のリソース枯渇対策として。

トランプナイト招集が盤面に対して莫大なアドバンテージを取ると予想されるため、その横に2/3追加して他にもドローから軽量を追加して…というような動きをすることで盤面制圧を狙えそうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ