シャドウバース

【シャドウバース】魔海の女王の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

【シャドウバース】魔海の女王の先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

最終更新: 2017-06-14 16:40:54

シャドウバースの新パック「ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams」に実装されるカード「魔海の女王」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

魔海の女王

カード名 評価 レアリティ
魔海の女王 A レジェンド
クラス タイプ コスト
ニュートラル フォロワー 10

進化前:7/7
【ファンファーレ】手札のニュートラル・カード(魔海の女王を除く)1枚と、ニュートラルでないカード1枚のコストを0にする。その後、それら以外の手札をすべて捨てる。

進化後:9/9

カード考察

10コストに見合う壮絶なテキストが記載されています。

登場時に魔海の女王を除くニュートラルカード1枚と、ニュートラルでないカード1枚のコストを0にし、それらを残して他の手札は捨てることになります。

この手のテキストを見る場合、カードを捨てること自体をメリットにすることから逆に考えることが多いのですが、メインテキストの効果が強烈なため、素直にメインテキストを重視した方が良さそうな気がします。

ドラゴンクラスで使う場合

まず、何も考えずにメインテキストを使うことを考えた場合、単純に10コストのカードを踏み倒せば理不尽な盤面を作ることが出来るでしょう。10コストフォロワーを大量に入れやすいドラゴンで考えるなら、ゼウスとジェネシスドラゴンのコストを0にして展開すれば返しは疾走12点に加えて盤面に7/7と7/9と5/10守護が立っているという冗談みたいな状況を作りあげることが出来ます。そのターンでのリーサルも十分に狙えますし、仮にリーサル出来ずともバハムート、テミスの審判など以外では返せないレベルの盤面になると言えそうです。手札を全て消費しますので、一掃されると返すのは厳しいですが、トップドロー次第ではそのままリーサルもあるでしょう。

それ以外ではコンボを考えると、ジェネシスドラゴン+ウルズをコスト0にすれば14点コンボです。また、バハムート+ゼルをコスト0にすることも出来るでしょう。バハムートを出すことで魔海の女王は破棄されてしまいますが、進化権があれば事前に7点与えておけばそのターンにリーサルが確定します。

その他と総評

コスト10のフォロワーということでニュートラルとはいえどうしてもドラゴンクラスばかりに目が行きがちですが、軽減できるコストを最大化するという意味では次元の超越をコスト0にしてしまうというのも面白いでしょう。ギルガメッシュやゼウスあたりと次元の超越をコスト0に出来れば進化込みで20点リーサルも可能ですね。

このように様々なコンボが可能で、それらは実用的な範囲にあるとは思いますが、いずれの場合も魔海の女王以外にかなりの数10コストのカードを積まないといけないという問題点を孕んでいます。魔海の女王は基本的には常に3枚コンボを要求してくるので、有効なパターンは複数用意しておきたいわけですが、関連カードが基本的に重いというのは極めてネックであると言わざるを得ません。

カードパワーは非常に高いですが、お膳立てを整えるためにかなり無理しなければならないこともあり、強いもののTier1級のデッキの核にはならないと考え、評価をAとしました。

相性が良いデッキ

ランプドラゴン

自身が高スタッツのニュートラルフォロワーであるため、サハクィエルとの相性が良いです。このため、コストを0にしたいニュートラルフォロワーの確保は容易だと言えそうです。問題はコストを0にしたいドラゴンのカードの方だと思います。コストを0にして最も嬉しいカードはジェネシスドラゴンでしょうか。しかし、ニュートラルの大型を大量に積んでジェネシスドラゴンも積むというのはデッキとしてワークするのかやや疑問符が付きます。

無理をしないのであれば、ジェネシスドラゴンを利用した一挙リーサルにはそこまで拘らない方が無難かもしれません。例えばコストが0になったカードがウロボロスであれば手札を0にするデメリットの痛みが軽減されますし、対面からバハムートが降ってくると辛いのですが連なる咆哮を場に出すための隙消しカードとして考えることも出来そうです。

無理矢理リーサルコンボに組み込むことよりも、大きなアドバンテージを取る動きの一つとして考えた方が安定したデッキになりそうですし、そう考えるならば魔海の女王の投入枚数も3枚に拘る必要なく、柔軟に組み込めそうです。

超越ウィッチ

1枚目や2枚目の次元の超越をリーサル準備とPP加速のために利用し、10PPになった時に魔海の女王と次元の超越を同時に使うことで7点追加のリーサルを行うなどのサブプランに組み込めそうです。通常の次元の超越の構築に鏡の世界を投入することで、次元の超越の相方にするコスト軽減対象を任意に選ぶことも出来そうです。

魔海超越ウィッチ

スペルウィッチ以外で次元の超越を使える構築が可能になります。

次元の超越を3枚にするとデッキの足をかなり引っ張りそうなので、1枚+何らかのサーチ手段などで準備をすると良いかもしれません。

例えば秘術ウィッチなどでゆっくりとゲームをした上でフィニッシャーとして採用するなども考えられそうです。

ドラゴン以外の構築で重いニュートラルカードを採用するというのが難しい気がしますので、コストを軽くするニュートラルカードの方はあまり無理をしない方がよいかもしれません。いっそ魔術書の解読を積んでドローするなんてのもありでしょうか。

かなり革新的な構築をしないとおもちゃ以下のクオリティになりそうですが、テーマとしては面白そうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ