シャドウバース

【シャドウバース】ティトール・ディ&ダムの先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

【シャドウバース】ティトール・ディ&ダムの先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

最終更新: 2017-06-23 15:35:07

シャドウバースの新パック「ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams」に実装されるカード「ティトール・ディ&ダム」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

ティトール・ディ&ダム

カード名 評価 レアリティ
ティトール・ディ&ダム B+ ブロンズ
クラス タイプ コスト
エルフ フォロワー 2

進化前:2/2
【ファンファーレ】このターン中にカードをプレイした枚数を+1する。

進化後:4/4

カード考察

2/2/2の標準スタッツです。

2PPで2回分プレイした枚数を稼げます。フェアリーを2枚使わなければならなかった場面を手札1枚、盤面一つで代替することが可能です。

翅の輝き、ビートルウォーリア、ティアなどなど手札消費の激しさが課題だったカード群を回すのに有効な他、盤面一つで2回分行動を加速出来るため、リノセウスのバーストダメージの上昇にも貢献します。

2コスト2/2/2に出来る効果としてはかなり上位の効果であると言え、世が世なら高評価確実だった効果ですが、リノセウスでOTKを狙うデッキがそこまで上手くやり繰りするのは現環境よりもかなり厳しくなることが想定されます。

ただ、手札のフェアリーを温存しながら細かく打点を刻む動きに利用できることは少なくないことが想定されます。妖精の使役者でのリーサルを狙うような構築においては有効な打点手段となり得ることが想定され、評価はB+としています。

相性が良いデッキ

フェアリーエルフ

ビートルウォーリアに雑に疾走を付けてリーサル距離を縮める動きは強そうです。

フェアリー生成手段の豊富さもあり、手札をあまり尽きさせることなく展開を続けられる構築には出来そうです。

OTKエルフ

ティトール→ティトール→リノセウス→リノセウス→リノセウスで5+6+7、進化込み20点バーストです。

10PPまで耐えられるような構築にすることが非常に困難ではありますが、決まれば大変気持ちの良いコンボだと思われますので、ストレス解消の一環で狙ってみるのも一興かもしれません。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ