シャドウバース

【シャドウバース】コントロールヴァンパイアの最新デッキレシピと立ち回り【WLD】

【シャドウバース】コントロールヴァンパイアの最新デッキレシピと立ち回り【WLD】

最終更新: 2017-08-25 18:04:45

シャドウバースの天江らいむ氏使用のミッドレンジネクロのデッキレシピやデッキの概要、狙いたい動きを紹介しています。これを見ればコントロールヴァンパイアの序盤から終盤までの動き方が分かります。RAGEvol.5で好成績を残したWLD環境対応版です。

天江らいむ氏執筆記事

シャドウバースの全国大会RAGE vol.3でbest16、RAGE vol.4東6位タイ(スイス2位)好成績を収めた折り紙付きの実力派プレイヤーで強豪チームWheel of Fortune所属している天江らいむ氏に執筆して頂きました!幅広いゲームの経験をシャドウバースでも遺憾なく発揮しており、常に上を目指す貪欲な考察は必見です!

目次

種類 コントロールヴァンパイア

デッキレシピ

デッキコード

▶デッキコードはこちら

デッキ概要

コントロールヴァンパイアはToGの1度目のナーフ後のBo3で密かに活躍するものの、特定の相手にしか意味をなさないカードが多くランクマッチなどでは活躍できなかったことで、ほとんどの人から注目されずに終わっていました。しかしWLDの追加カードにより、どの相手に対しても活躍できるカードが増え注目を浴びるようになりました。

コントロールデッキは次元の超越を用いた一撃死するデッキやヘヴンリーイージスといった無限リソースのデッキに不利でそれらがいない環境が活躍が期待できます。強力な疾走を連打されると厳しくなる場面もありますが、先に盤面をとることができるカードが増えたことや黒死の仮面といった対策カードがあるため以前よりも戦うことができます。RAGEvol.5の環境ではアグロタイプのデッキが多く、超越やイージスといった明確に不利なデッキが少なかったためかなり適した環境でした。また、比較的認知度が低かったため戦い方を知らない対戦相手により有利に戦えました。

デッキの長所

マリガン時相手にデッキタイプを読み間違えさせることができる。アグロ系のデッキに対してどのデッキよりも返しの札が存在する。

デッキの短所

デッキの強さが環境に依存し、ランクマッチのように環境に反するデッキが多いと活躍が難しい。

採用理由

鮮血の口付け

低コストのカードが少なく、最序盤に何もアクションが起こせず負けることを避ける。除去+回復もできるため試合を伸ばすことができる。

裁きの悪魔

以前よりも復讐状態に入りやすく、進化権を使わずに除去できるカードも増えたため、扱いやすくなった。効果が起動することで処理を強要できる。

血餓の女帝

オディールより強い。

デモンオフィサー・エメラダ

進化いらずで2枚除去は優秀。

昏き底より出でる者

着地させたらだいたい勝ち。

採用すればよかったカード

黒死の仮面

優位なデッキにワンチャンス作らせず、不利なデッキにワンチャンス作れるカード。

マリガンの基本方針

基本的にネクロはミッドレンジ、ヴァンパイアはアグロ、ウイッチはアグロ秘術、ドラゴンはランプ、ロイヤルはアグロ、ビショップはニュートラル疾走、エルフはリノ軸だと想定してマリガンします。2戦目以降でデッキタイプがわかっている場合は柔軟に対応してください。

マリガン

先行

  • 単体キープ:バフォメット、ブラッドムーン、ベルフェゴール
  • ベルフェゴールがあるとき裁きの悪魔
  • ベルフェゴールがあるとき(ドラゴン、ビショップ以外)群れなす飢餓or鮮血の口付け
  • ブラッドムーンがあるとき:裁きの悪魔
  • ブラッドムーンがありベルフェゴールがないとき:血の取引、豪拳の用心棒

後攻

  • 単体キープ:バフォメット、ブラッドムーン
  • ブラッドムーンがあるとき:ベルフェゴールor裁きの悪魔or豪拳の用心棒
  • 単体キープ(ドラゴン、ビショップ以外):群れなす飢餓or鮮血の口付け
  • 単体キープ(ドラゴン、ビショップ):ベルフェゴール

狙いたい動き

序盤

バフォメットでデッキ圧縮をしながらブラッドムーンやベルフェゴールで復習状態に入るなど中盤以降の環境を整える。

中盤

出来るだけリーサルに絡むようなカードを使わせるように誘い出します。

進化権を使い切らせることができれば後半戦でより有利に戦えます。

終盤

リソース切れに持ち込むか、反転してライフを詰めに行きます。

単純にカードパワーがあがったので中盤から盤面を制圧し続けることができればそのまま押し切れることもあるでしょう。

まとめ

コントロールデッキにおいてどの除去札をどこで使うかがかなり重要になってきます。そのため序盤からのトレードやライフ管理を含め計画的に戦うことが要されます。

執筆者プロフィール

RAGE vol.3 best16、RAGE vol.4 東6位と好成績を収めた折り紙付きの実力派プレイヤー。 強豪チームWheel of Fortune所属。

関連情報

デッキレシピ一覧

ミッドレンジネクロ【RAGEvol.5ver】

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ