シャドウバース

【シャドウバース】邪悪な妖精カラボスの先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

【シャドウバース】邪悪な妖精カラボスの先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

最終更新: 2017-06-27 15:51:28

シャドウバースの新パック「ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams」に実装されるカード「邪悪な妖精カラボス」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

邪悪な妖精カラボス

カード名 評価 レアリティ
邪悪な妖精カラボス A レジェンド
クラス タイプ コスト
ヴァンパイア フォロワー 6

進化前:6/6
【ファンファーレ】私のリーダーに「ターン開始時にPP最大値が+1されない」と「相手のリーダーに1ダメージ、カード1枚を引く」を付与する。

進化後:8/8

カード考察

恐らく、ファンファーレで永続的に「ターン開始時にPP最大値が+1されない」代わりに「相手のリーダーに1ダメージ、カード1枚を引く」効果を付与するカードです。このフォロワーが破壊されても消えるテキストは存在しないため、残り続けるでしょう。

強烈なデメリットと強烈なメリットのテキストが混在している面白い設計のカードだと思います。

強烈なデメリットがあるとはいえ、これだけのメリットがありながらスタッツは6/6/6と標準を上回っているというのは特筆すべき点だと言えるでしょう。

コントロール寄りの構築に入れる場合、必要なPPまで伸ばした後で登場させれば最強のドローソースになりますし、アグロ気味のデッキに入れるのであればそもそもデメリットが気になりません。ただし、アグロヴァンパイアの理想ムーブであれば6PPではインプランサー進化5点でリーサルしてしまうというのが素直な動きなため、カラボスとでは役割は大きく変わると言えるでしょう。

また、攻撃力が6なので、バフォメットのサーチを得ることも出来るため、カラボスに依存した構築にしたり、効果を重複させて間接打点で勝ちに行く動きも狙えたりします。

このように幅広く様々な用途で使用が検討されるのですが、昏き底より出でる者が非常に強力なフィニッシャーとして発表されました。

カラボスをフィニッシャーに据えるコントロール系構築は昏き底より出でる者をどうにかすることに苦慮することが想定され、かなり扱い悪くなったと考えられます。また、カラボスが座す場所に昏き底より出でる者を投入する構築もかなりの程度想定されるように思われます。

また、アグロ系の構築でも、トーヴを活かした構築にするのであれば、ファントムキャットをフィニッシャーに据えた構築というものも可能性が出てきました。

このように、カラボスが座るべき場所の選択肢として他の優秀なフォロワーが増えたため、有力なフィニッシャー候補ではあるものの、選択肢の一つという空気感になったと考えられるため、評価をAとします。

相性が良いデッキ

アグロヴァンパイア

最後の数点が詰められずに盤面を完全制圧されて負けてしまうというアグロヴァンパイアの負け筋へのカウンターカードになり得ます。インプランサーと異なり、即時性の高い打点にはなりませんが、翌ターン以降1点フェイスに与えながらドローで鋭利の一裂きをはじめとしたリーサルカードへのアクセス率を大幅に高めてくれます。死の祝福などの守護の上から打点を入れてリーサルに持ち込みやすくなるため、デモンストームなどで無理矢理除去して何とかという展開に頼る必要が薄くなります。

フォレストバットを使ったコンボなども揃えやすくなるなど、強力な効果が見込めるでしょう。

コントロールヴァンパイア

シャドウバースにおいて、初めてと言って良いレベルでコントロールらしいコントロールの動きが出来るようになるかもしれません。

強力な盤面展開カードが多い都合上、相手を処理し切ってリソース勝ちするという動きはこれまで極めて難しかったと言えます。

しかし、このカードを使えば永続的なドロー機関になりますので、完全に除去り尽くすという動きが現実的になるでしょう。

また、毎ターン1点ダメージを与えるのも強力で、極端な話1点も殴らずとも除去し続けていれば相手のライフを先に尽きさせることが出来るでしょう。

勝ち手段とドローソースを兼ねているというのはコントロールデッキのフィニッシャーの必須要件でしたが、それを満たすフォロワーが遂に現れたといった感じです。

ただし、コントロール寄りの構築で組む場合、昏き底より出でる者をどうにかすることが比較的困難なことが予想されるため、環境を選ぶことになりそうです。

ミッドレンジヴァンパイア

アグロほど前のめりでない構築でもこのカードの力を前提に残りライフを詰めるようなゲームメイクも可能になるでしょう。

ヴァンパイアは除去も豊富なクラスですので、かなり幅広い構築が考えられそうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ