シャドウバース

【シャドウバース】不思議の探求者・アリスの先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

【シャドウバース】不思議の探求者・アリスの先行紹介カード評価【ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams】

最終更新: 2017-06-02 15:33:29

シャドウバースの新パック「ワンダーランド・ドリームズ/Wonder Land Dreams」に実装されるカード「不思議の探求者・アリス」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

不思議の探求者・アリス

カード名 評価 レアリティ
不思議の探求者・アリス S レジェンド
クラス タイプ コスト
ニュートラル フォロワー 4

進化前:3/4
【ファンファーレ】自分の手札のニュートラル・フォロワーすべてと自分の他のニュートラル・フォロワーすべてを+1/+1する。

進化後:5/6

カード考察

自分の盤面と手札の全てのニュートラルフォロワーカードを+1/+1でバフ出来るカードです。

先攻でゴブリン→リリエル→グリームニルと展開して4ターン目にアリスを着地させると手札のバフなんて関係なくかなりの試合で何もさせずにそのまま押し切れそうな雰囲気があるのですが、それは大丈夫なのでしょうか(汗

盤面バフは発動出来れば確実に強力な効果だと言えますが、手札バフが強力かどうかはニュートラルの5コスト、6コストあたりのカードに有効なカードが増えるかどうかというのが大きく影響してきそうです。均衡の大梟やアリス自身なんかはバフを受けた後5PPで出しても強力な効果なので、最低限の強さは保証されていそうですが。

アリスを絡めた理想ムーブはかなり強力な上、均衡の大梟ほどデッキ負荷も高くないため、ニュートラル以外のカードを十分に採用した構築でも採用を見込めると思います。

自盤面の全体バフを4ターン目に行いながら自身のスタッツは4/3/4と標準スタッツで、盤面が十分でない時にも手札のカードをバフしておけるとかなり隙が無いカードで、確実にデッキの中核を担えるカードだと考え、評価をSとしています。

また、ハンプティダンプティをバフしておくことで、進化後にハンプティダンプティを生存させる動きを可能にします。ただ、この動きが遅すぎて先攻マナカーブアリスへの回答にはなってなかったりと、アリスが有力な構築に採用されそうな環境であるとすると、先攻後攻差が非常に大きくなりそうな不穏なカードだとも言えそうです。

相性が良いデッキ

手帳ネクロ

死神の手帳を引けなかった時のパワーの低さが気になることの多いデッキでしたが、アリスによって4ターン目の強ムーブの種類が増えることになります。これによりデッキの組み方にもかなり幅が増すことでしょう。

なお、死神の手帳は後攻4ターン目に出すと進化権を使えず、アリスは先攻で出さないと盤面へのバフが機能しにくいと後攻でのデメリットばかりが目立つようにも思えます。先攻後攻差がかなり気になるデッキになりそうですね(汗

ニュートラルデッキ

これまで、均衡の大梟を4ターン目に出せないとただのパワーの低いデッキと化してしまっていましたが、アリスの登場で強いムーブの種類が圧倒的に増えそうです。現行環境では託宣大梟ぐらいしか強そうな動きが無かったように思いますが、ドラゴン以外の構築でも採用レベルのムーブが増えてくると思われます。

現行プールだと4ターン目までにアリスが引けないと弱いということも多くなってくると思いますので、ニュートラルデッキが強いと言えるかどうかに関しては今後の追加次第だと言えそうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ