シャドウバース

【シャドウバース】円卓の騎士・トリスタンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】円卓の騎士・トリスタンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 19:23:57

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「円卓の騎士・トリスタン」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

円卓の騎士・トリスタン

カード名 評価 レアリティ
円卓の騎士・トリスタン B+ ブロンズ
クラス タイプ コスト
ロイヤル フォロワー(兵士) 5

進化前:3/4
【ファンファーレ】自分の場に指揮官・フォロワーがいるなら、
「【ラストワード】:《円卓の騎士・トリスタン》1枚を出す」を持つ。

進化後:5/6

カード考察

5/3/4とやや残念なスタッツですが、登場時に自分の場に指揮官がいた場合、ラストワードで再登場できるようになる能力を持っています。

5ターン目に登場したラストワードを持ったトリスタンを1ターンで処理し切るのはかなり困難なはずなので、場持ちがよく、翌ターンに打点を叩き込みやすいカードだと言えそうです。

5コスト帯はオーレリア、アルベールなどがいる激戦区ではありますが、本人が兵士なのでアルベールサーチの邪魔にならないこともあり、盤面に指揮官を残せる確度の高いデッキでかつ打点に特化した構築なら、アルベールを引けなかった時の保険や、エンハンスでアルベールを取っておきたい場合などを考慮し、デッキインしてくる可能性はあり得るでしょう。

条件付きではありますが、実戦レベルの強力な行動が可能なカードではあります。

今弾の指揮官強化の流れを受け、指揮官を盤面に残した状態で場に出すこと自体はかなり容易になりましたが、指揮官満載のデッキよりはアグロ寄りの構築の方が生きそうなテキストなため、指揮官を残した状態で登場するのはそこまで簡単ではない気もします。ただし、上手く運用出来ればと安定打点として活かせそうな点は十分に採用可能性を感じさせるため、B+という評価にしています。

相性が良いデッキ

アグロロイヤル

後半カードとしてアルベール、アルビダ以外にも安定して打点を取れるカードをデッキインしたいと考えた時に比較的有力な選択肢になるでしょう。闇を纏う暗殺者で指揮官を潜伏させ、翌ターンに登場させるなどの動きはかなり強力な動きとなるでしょう。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

1 名無し

That's a clever answer to a tricky queiston

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ