シャドウバース

【シャドウバース】魂の番人・ミントの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】魂の番人・ミントの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 19:32:36

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「魂の番人・ミント」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

魂の番人 ミント

カード名 評価 レアリティ
魂の番人 ミント B+ レジェンド
クラス タイプ コスト
ネクロマンサー フォロワー 4

進化前:3/4
【ファンファーレ】自分のネクロマンスはネクロマンス0になる。
(墓地が何枚であってもネクロマンス能力が働き、墓地の枚数は減らない)
この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。

進化後:5/6

カード考察

4/3/4の標準スタッツで、このフォロワーが盤面に居る限り全てのネクロマンスをただで使えるようになるという凄まじい能力が付いています。

生き残って翌ターンを迎えれば稼ぐアドバンテージ量は膨大になることが予想されるため、実質守護に近い運用が可能です。

ただし、基本的には進化権が残っている状態で翌ターンまで生き残ることを想定するのは難しいでしょう。守護と同時に展開すればそれ以外でも残せる場面が多少増えるかもしれません。

ネクロマンスを踏み倒してお得なカードとしてはデスタイラントが代表的でしょう。

デスタイラントは10PPで同時に出すことで確実に13/13疾走を確実に生み出せるコンボが可能です。強力なコンボですが、10PP2枚コンボと考えれば適正なパワーの域は出ていないと思われます。

他に有効そうな利用方法としては、6PPでスケルトンヴァイパーと同時に出せばミントの処理が若干困難になるとか、レッサーマミーにただで疾走を与えるなど小型フォロワーとの同時展開がありそうです。また、破魂の少女と同時展開して相手の最後の進化フォロワーを破壊出来れば翌ターンのミント生存率に大きく貢献しそうです。

総じてコンボ性の高いカードですが、基本的に高コストでの運用が基本になる点、今弾でネクロの高コスト帯がかなり充実したこともあり、高コストコンボとしては生存を前提にしなければ適正なパワーのコンボにしかならないことが予想される点などを加味し、ネクロのあり得る採用選択肢の1枚ぐらい程度に留まると考え、評価はB+としました。

味方フォロワーに潜伏を付与するカードなどが来た場合、コンボ性はより高くなりますが評価が上がるものと考えられます。

なお、ウルズを使われるとただのバニラ4/3/4になりますので、注意が必要です。

相性が良いデッキ

タイラントネクロ

アグロネクロ気味のタイラントネクロでの運用が考えられます。

ミントへの破壊強要が強いため、盤面の他のフォロワーの生存確率が高まる点、6PPでネクロマンスを踏み倒してレッサーマミーを疾走で走らせられる点など、デッキとの親和性が高く、デスタイラント自体もただの3/3疾走として仕事が出来るのでコンボへの過度の依存が無いため極端な事故デッキになりにくいです。アグロロイヤルのエンハンスアルベールに近いイメージでミントを運用するのが良いでしょう。

ミッドレンジネクロ

不死の大王が0コストのワイトキングを生成してくれるため、ミントの生存に活かせそうです。

破魂の少女なども採用し、ミントの生存を試す動きの種類は豊富にありそうです。生存したら13点疾走するのが強いとは思われますが、枠の確保などの問題もあるため、普通にネクロマンスを使い倒すという考え方の方が案外良いかもしれません。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ