シャドウバース

【シャドウバース】アイアンメイデンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】アイアンメイデンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 20:52:59

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「アイアンメイデン」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

アイアンメイデン

カード名 評価 レアリティ
アイアンメイデン C シルバー
クラス タイプ コスト
ビショップ アミュレット 4

効果:【カウントダウン】2
自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
そのフォロワーを、次のターン攻撃不能にする。

カード考察

2ターンかけてのべ2体のフォロワーに2点を与え、破壊出来なかった場合も行動不能にするカードです。

2点で相手フォロワーを破壊出来ない場合、基本的には神魔裁判所の劣化になってしまうでしょう。また、逆に軽量デッキに対しては3コストで出せる詠唱:禁じられた儀式の方が刺さると言えます。

また、先攻であれば4ターン目に出して相手の進化権を腐らせつつ1ターン先まで嫌らしい効果を残せるのが有効ですが、後攻であれば鉄槌の僧侶を出したい場面の方が多いでしょう。

なお、2ターンの間相手フォロワーを行動不能にするカードとしてはエルフクラスのまどろみの森がありますが、2コストのこのカードでさえあまり使われることはありません。ビショップにはテミスの審判があるとはいえ、2点ダメージを活かせないのであれば流石にパワーが低いと言わざるを得ないでしょう。逆に2点ダメージを活かすことを前提と考えるならビショップクラスにはもっと有効なカードが多いです。

全体として中途半端な使い勝手になることが想定され、あまりデッキを強くする気がしないため、評価はCとしています。

また、場のアミュレット全てのカウントを促進するカードとはかなり大幅なアンチシナジーがあるのもやや減点ポイントです。

相性が良いデッキ

コントロールビショップ

コントロール寄りのビショップでアグロデッキの動きを鈍らせつつ後半に大型を貯めさせてからテミスの審判を撃つ布石にするといった使い方が想定可能です。ただ、神魔裁判所と比べて強い動きが出来るかと言われると怪しく、枠を割く余裕は厳しそうだという印象はあります。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ