シャドウバース

【シャドウバース】幻惑の奇術師の先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】幻惑の奇術師の先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 20:03:00

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「幻惑の奇術師」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

幻惑の奇術師

カード名 評価 レアリティ
幻惑の奇術師 B- シルバー
クラス タイプ コスト
ウィッチ フォロワー 2

進化前:2/2
【ラストワード】土の秘術;幻惑の奇術師を場に出す。

進化後:4/4
【ラストワード】土の秘術;幻惑の奇術師を場に出す。

カード考察

2/2/2の標準スタッツで、土の秘術を使うとラストワードで自身を再登場させる特殊能力を持っています。

土の印で取れるアドバンテージとしてはややショボい効果のようには感じますが、2コスト分浮かせている点、打点を翌ターンに残しやすい点などを考えるとコスト対効果が悪い効果ではありません。

破砕の禁呪など強力な効果に使う予定があるデッキにおいては流石に微妙だと思われますが、天輪のゴーレム、魔導の巨兵、夜の魔術師などの追加によって現実的になった攻撃的な秘術ウィッチであれば採用検討ラインだと考えられます。ただ、要求される土の印の枚数が多くこのカードに使って良いのかという疑問はかなり強いため、消極的なラインだと考えて評価はB-にしています。

相性が良いデッキ

秘術ウィッチ

土の印を場に出す行為はテンポロスに繋がりやすく、コントロール寄りの構築の方が組みやすいというのは間違いないのですが、守護を立てつつ大型で殴れるレミラミや、リーダーにも3点飛ばせる天輪のゴーレム、そして極めて優秀なフィニッシャーである魔導の巨兵など、アグレッシブな秘術構築というのも現実的になってきています。

そのような構築において、打点源としての信頼度が高い幻惑の奇術師は採用ラインのカードだと考えられます。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ