シャドウバース

【シャドウバース】ジャングルの守護者の先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】ジャングルの守護者の先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 20:06:29

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「ジャングルの守護者」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

ジャングルの守護者

カード名 評価 レアリティ
ジャングルの守護者 S ゴールド
クラス タイプ コスト
エルフ フォロワー 5

進化前:4/5
【守護】
【エンハンス】10;《ジャングルの守護者》1体を出す。
その後、自分の《ジャングルの守護者》すべては疾走を持つ。

進化後:6/7
【守護】

カード考察

5/4/5守護と5コストで普通に出してもそこそこの働きが出来るフォロワーです。

それでいながらエンハンス能力が完全に壊れています。10コストで展開すると5/4/5守護を2体出して疾走を得る効果を得られるわけですが、これは8点疾走しながら中型守護を2体沸かしているという理解に苦しむレベルのアドバンテージ量だと言えます。10コスト8点疾走だけでもかなり強いのに2体も中型守護が付いてくることで返しの防御も安全という攻守ともに完璧なカードだと言えます。しかも1体1体の攻撃力は4点なので、デュランダルもすり抜けられます。

間違いなくコントロールエルフのエンドカードとして機能することが約束された性能でありながら、5コストでも最低限の仕事が出来るため事故の原因になりにくいです。環境を規定するカードの1つとなることは間違いないと言え、その重さを考慮したとしても評価はSだと言えるでしょう。

相性が良いデッキ

コントロールエルフ

優秀な守護や回復が一気に増えたため、エルフが10PPまで延命するのは以前に比べてかなり容易になってくると思われます。

このカードは10PPのカード1枚で出来ることとしては恐らく最強のムーブが出来るカードであり、10PPまで耐えてからジャングルの守護者を起点に攻勢に転じていくというのがコントロールエルフの基本ムーブとなりそうです。ジャングルの守護者で8点入れた後、全体除去の返しでリノセウスでリーサルするなどもあり得るでしょう。

エンハンスを狙い過ぎてリーサルされたり、一方で10PPまで待てずに出してしまったことで攻め手を失ったりと柔軟に動けることでむしろプレイングミスをしてしまうケースは多そうなので注意が必要そうです。

なお、後ろ向きに固めた構築は当然超越ウィッチなどの特殊勝利系の構築には不利が付きやすいためその点は注意する必要があるでしょう。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ