シャドウバース

【シャドウバース】不死の大王の先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】不死の大王の先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 19:36:06

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「不死の大王」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

不死の大王

カード名 評価 レアリティ
不死の大王 A ゴールド
クラス タイプ コスト
ネクロマンサー フォロワー 7

進化前:4/5
【ファンファーレ】《ワイト》を2体出す。
【ラストワード】《ワイトキング》1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

進化後:6/7
【ラストワード】《ワイトキング》1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

カード考察

7コストということで効果はかなり豪快です。登場するフォロワーのスタッツを合計すると7/8/7と高いスタッツでありながら、ラストワードでワイトキングをコスト0で手札に加えるというかなり理不尽な能力です。コストパフォーマンス自体はトップクラスだと言えるでしょう。

また、ワイトは1体ずつ破壊されれば最低でも1点は相手に与えられますし、他のフォロワーを先に処理することをかなり許さないフォロワーなため、相手の行動強要をしやすいです。全体処理されてもラストワードがあるのでただでは死なないと至れり尽くせりです。

ただし、7コストの競合は冥守の戦士・カムラ、魔将軍・ヘクターとかなり壊れた性能を持っている競合となっており、攻撃のヘクター、守備のカムラと綺麗に役割が分かれています。不死の大王はヘクターとやや役割が被ってしまっているため、差分はネクロマンスと、全除去された場合のリカバリーとなるでしょう。

雑に出しても強い場面が多いカードだとは思いますが、7ターン目はゲームとして既に佳境を迎えているターンであり、守護も何も持っていないこのカードを出しているようではそのままリーサルされてしまうことも少なくないでしょう。明らかにパワーの高いカードなので、見極めて用途を見つければ確実に強いはずと考え、A評価を付けましたが扱いが意外と難しいカードだと思われます。

相性が良いデッキ

アグロネクロ

アグロネクロのリソース切れ対策として仕事をする可能性は高いです。

アグロデッキは相手が処理に回ってくれやすいため、7ターン目でもまだ被リーサルまでの距離が長いことが多く不死の大王の処理強要をかけられることが少なくなさそうです。また、不死の大王を2枚抱えておけばラストワードでコスト0のワイトキングを拾って守護の裏側から不死の大王を展開することが可能で、この動きはそれだけでゲームエンドも狙えるレベルのムーブとなりそうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ