シャドウバース

【シャドウバース】ゴブリンプリンセスの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】ゴブリンプリンセスの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 19:26:25

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「ゴブリンプリンセス」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

ゴブリンプリンセス

カード名 評価 レアリティ
ゴブリンプリンセス S シルバー
クラス タイプ コスト
ニュートラル フォロワー 5

進化前:2/1
【ファンファーレ】《ゴブリン》2体を出す。
【ラストワード】 《ゴブリンキング》1枚を手札に加える。

進化後:4/3
【ラストワード】 《ゴブリンキング》1枚を手札に加える。

※ゴブリン 1コスト 1/2
ゴブリンキング 4コスト 5/5 守護

カード考察

1枚で2/1と1/2を2枚の計3体を展開出来ます。合計スタッツは5/4/5なので合計すると標準スタッツという感じにはなります。

これだけの効果でも処理しにくい展開が出来る点で優秀なのですが、何故かラストワードまで付いていて、このラストワードが冗談みたいに強いです。

ゴブリンキングは4/5/5守護というぶっ壊れトークンだと知られていますが、これは本来なら6コスト相当のカードパワーなので、2コスト分コスト削減も行えています。

展開力、手札補充とアグロ系のデッキが欲しがりそうな能力が全て備わったカードといえ、環境に多大な影響を与え得るカードだと言えるでしょう。コントロール側に補強が入らなければコントロールデッキを事実上組めないリーダーが多発しそうなパワーカードだと言え、評価は当然Sとしています。

相性が良いデッキ

アグロヴァンパイア

展開力が欲しいデッキでかつ手札が短くなりがちでしたが、それらとの相性が抜群に良いです。

また、全処理されても6PPのムーブでゴブリンキングで守護を出しつつ横にヴァンピィやユリウス、ブラッドウルフなどを配置することで処理を防いで打点に繋げる動きもしやすいでしょう。

テンポエルフ

ゴブリンが生き残るとシンシアでバフがかかります。手札を消費せずに大量展開出来るため、ただでさえ高めの除去耐性を底上げ出来るのも強いです。

また、ゴブリンキングの守護による延命とも相性の良い構築だといえ、その間にリノセウス絡みのリーサルパーツを整えて勝つことも出来るでしょう。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ