シャドウバース

【シャドウバース】愛の悪魔・ガレットの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】愛の悪魔・ガレットの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 20:02:32

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「愛の悪魔・ガレット」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

愛の悪魔・ガレット

カード名 評価 レアリティ
愛の悪魔・ガレット B+ ゴールド
クラス タイプ コスト
ヴァンパイア フォロワー 2

進化前:2/2
相手は能力で愛の悪魔・ガレットを選択できるとき、愛の悪魔・ガレットしか選択できない。

進化後:4/4
相手は能力で愛の悪魔・ガレットを選択できるとき、愛の悪魔・ガレットしか選択できない。

カード考察

スペルやフォロワーの効果など、対象を取るものを全て自分に向けられる効果を持っています。

体力1のフォロワーに1点除去を撃たせないとか、中型以上の守護に除去を撃たせないなどの効果を期待できます。

また、ブラッドムーンをオーディンなどから守るなど地味な役割を果たせることもあるでしょう。カオスシップから出てきて進化カオスシップへの除去を拒否るといった使い方も地味に効果的な場面は多そうです。ただし、ヴァンパイアクラスの2コストフォロワーはそれぞれ特色のあるカードが多いため競争は激しいと言えます。

2/2/2の標準スタッツなので、環境次第ではアグレッシブなカードではなくガレットを採用する可能性もあるため、他の2コストカード群と並ぶ採用ライン上のカードと考え、評価はB+としています。

相性が良いデッキ

アグロヴァンパイア

例えば5コストでヴァイトと同時に出すことでヴァイトを除去から守ることが出来ます。

また、フォレストバットを展開した時、御言葉の天使などで除去する行動を拒否することも出来るでしょう。

地味ながら盤面維持に貢献する場面がそこそこ想像できるため、選択肢としてありだと思われます。

コントロールヴァンパイア

クイーンヴァンパイアは通常サラマンダーブレスで本体を狙われた場合、一掃されてしまいますが、ガレットを出せばガレットしか選択出来なくなるため、本体が生き残ります。

また、ゴブリンマウントデーモンなどの中型守護やブラッディ・メアリーなど除去らせたくないフォロワーと同時に出すことで生存確率を高めることが出来ます。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ