シャドウバース

【シャドウバース】エルフクイーンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】エルフクイーンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 20:06:12

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「エルフクイーン」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

エルフクイーン

カード名 評価 レアリティ
エルフクイーン B+ レジェンド
クラス タイプ コスト
エルフ フォロワー 7

進化前:6/6
【ファンファーレ】自分のリーダーを“自分の墓場の枚数”と同じだけ回復して、自分の墓場を0にする。

進化後:8/8

カード考察

爆発的な回復量を期待できるカードです。一桁前半から一瞬でライフを全回復なんて芸当も不可能ではないでしょう。

このカードの比較対象として真っ先に思い浮かぶのはフェアリービーストでしょうか。

このカードがフェアリービーストより優れている点は一つがスタッツ、もう一つは最大回復量でしょう。フェアリービーストの6/4/4というのも放置出来るサイズではないですが、エルフクイーンは6/6なため、より処理が困難かつ放置しにくいカードだと言えます。また、フェアリービーストは手札が最大でも8点回復ですが、エルフクイーンは全快も可能です。

ただし、回復量に関しては特にコントロールデッキではあまり墓場が貯まっていないことも少なくないはずで、基本的にはそこまでフェアリービーストと差が出ないことも多いでしょう。

一方でフェアリービーストよりも明確に劣っている点として、コストが1重いことと2回目以降の回復量が微妙だということが挙げられそうです。コストが1重いことで、アグロ寄りのデッキへの回復が間に合わないことは十分にあり得ます。また、墓場を0にしてしまうので2枚目以降や自然の導きなどによる使い回しが困難です。

これらの内容を踏まえると、手札をあまり貯めないデッキでアグロ対策として積むか、4枚目以降のフェアリービーストとして採用するかといったところになるでしょう。とはいえ、強力な回復効果であることは間違いなく、採用検討ラインに乗ってくることは少なくないと思われます。実際にそこそこの頻度でデッキインしてくるカードだと考え、評価はB+としています。

相性が良いデッキ

コントロールエルフ

フェアリービースト3枚だけでは回復ソースとして信用し切れないなら1枚エルフクイーンも積んでみると良いでしょう。

複数枚積むと邪魔になることも多いと思われますが、1枚だけであれば引ければラッキーという使い方も出来ます。

また、7コストと少し重いカードなので、白狼で回復カードを確定サーチするという使い方も不可能ではありません。その場合エンドカードを低コスト帯の別のカードとすることになるでしょうが、ライフを全快しながら6/6とその他のカードを展開するというのは圧力として低いものではないでしょう。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ