シャドウバース

【シャドウバース】ブラッドムーンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

【シャドウバース】ブラッドムーンの先行紹介カード評価【神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS】

最終更新: 2017-04-07 20:19:03

シャドウバースの新パック「神々の騒嵐/TEMPEST OF THE GODS」に実装されるカード「ブラッドムーン」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

ブラッドムーン

カード名 評価 レアリティ
ブラッドムーン S ゴールド
クラス タイプ コスト
ヴァンパイア アミュレット 3

効果:【カウントダウン】4
自分のリーダーは(体力が11以上でも)「復讐」状態になる。
この能力は、このアミュレットが場を離れるとき失われる。

カード考察

自身を強制的に復讐状態にしてしまうアミュレット。

ヴァンパイアの復讐効果は条件が厳しすぎて狙って突入することが難しかったのですが、このアミュレットによって復讐状態の効果を狙えるようになりました。

カウントダウンも4ターン分あり、ブラッドムーンを出したターンを含めて4ターン、翌ターンからでも3ターン分復讐の効果を使うことが出来ます。

復讐状態を条件とするカードは多数ありますが、めぼしいところでは他のフォロワーに疾走を与えるデモンコマンダー・ラウラ、疾走を得て進化6点を叩き出せるダークジェネラル、必殺とドレインを得る裁きの悪魔、自分のEPを1回復するジュエルデビル・モリアナ、コストが軽くなるディアボリックドレインと黙示録、あとは今弾のカオスシップ、メイルストロームサーペントあたりでしょうか。

特にコストが軽くなる効果やメイルストロームサーペントとのシナジーは極めて強力と言えそうです。

ブラッドムーンのプレイターンは攻撃の手が止まってしまうため、攻撃的な復讐の利用方法よりはコントロール寄りの復讐利用の方が有効になりやすいと思われます。明らかに今までは困難だった動きを実現できるようになるため、ヴァンパイアクラスにとっては革命的なカードとなりそうです。強力なヴァンパイアデッキの核となるカードだと言えそうなため、評価はSとしています。

相性が良いデッキ

コントロールヴァンパイア

ブラッドムーンをプレイしたターンにディアボリックドレインを撃てればあまり大きな隙は発生しません。

また、相手からのリーサルが届かない状況であれば翌ターンに黙示録を撃てば一旦仕切り直せるでしょう。

復讐状態を利用した動きとして最も強力なのはメイルストロームサーペントの4体展開だと考えられます。全体除去の存在しないデッキではこの動きを返せないことは多いでしょう。ブラッドムーンを5PP以降に配置すれば8ターン目まで復讐状態が継続するため、このコンボが可能です。

ブラッドムーンはウリエルで、メイルストロームサーペントはバフォメットでそれぞれサーチ可能なため、このコンボは通常の2枚コンボと比べてかなり狙いやすいコンボだと言えます。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパック「神々の騒嵐」情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ