シャドウバース

【シャドウバース】Ratings for シャドウバースのレーティングについての解説

【シャドウバース】Ratings for シャドウバースのレーティングについての解説

最終更新: 2017-04-28 20:30:47

シャドウバースのBO3アプリ「Ratings for シャドウバース」に導入されているグリコ2レーティングの解説記事です。レーティングの基本的な内容となります。

Ratings for シャドウバース

レーティング制採用のBO3マッチングアプリ「Ratings for シャドウバース」ではグリコ2レーティングが採用されています。

ランキングを見てみると記事執筆段階で1位は1877[RD: 107] と表記されており、この数値の数値がどう算出されているのかを解説していきます。

そもそもレーティングとは?

レーティングとはそのプレイヤーの強さを数値化したものになります。

例えば1877[RD: 107]であれば、「1877」がその人の強さ、となります。基本的には勝てば上がり、負ければ下がります。

RDとは?

RDとはレーティング偏差 (ratings deviation)のことを指します。

このRDはレーティングの数値の信頼性を表しています。この数値が低ければ低いほど信頼できる数値になります。

現在アプリで1勝0敗の状態であれば1681[RD: 274]となっていました。

今後、対戦を重ねることで、RDが下がっていき、約15戦でRD120となるようです。

RDが高い状態での試合はレーティングが変化しやすく、RDが低くなっていくにつれレーティングの変動が小さくなります。

RDはその状態での信頼度を表しているので、時間が経つにつれてゆっくりと上昇するようです。これは時間経過によってプレイヤーの腕が上達したり、腕が落ちたりするため、レーティングの数値が不確かになっていくからです。

レーティングの変化値

レーティングの増減値は戦った相手にのレートによっても変化します。

自分よりレートが高い人に勝てれば大きく増えます。逆に、自分よりもレートの低い人に負ければ大きく減ります。

ただ、RDが低ければその変化は小さくなります。

グリコ2レーティングではこのグリコレーティングを改良したもので、レーティング変動率が導入されています。

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ