シャドウバース

【シャドウバース】トワイライトクイーンの先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

【シャドウバース】トワイライトクイーンの先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

最終更新: 2017-09-25 19:36:21

シャドウバースの新パック「Starforged Legends / 星神(せいしん)の伝説」に実装されるカード「トワイライトクイーン」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

トワイライトクイーン

カード名 評価 レアリティ
トワイライトクイーン S
クラス タイプ コスト
ネクロマンサー フォロワー 4

進化前:4/3
【ラストワード】自分のリーダーは「次に自分のフォロワーのラストワード能力が働くとき、それをもう一回働かせる」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

進化後:6/5
【ラストワード】自分のリーダーは「次に自分のフォロワーのラストワード能力が働くとき、それをもう一回働かせる」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

カード考察

4/4/3という攻撃重視の標準スタッツです。

標準スタッツのカードでありながら、次の自分のフォロワーのラストワードを2回分働かせるという強力なラストワードを持っています。

闇の従者などを破壊すればリッチが2枚出てきますし、ラストワード1ドローのカードで2枚ドローしたり、不死者で2面処理したりなど普通にデッキに組み込んで強い動きが出来るでしょう。

一方、派手な使い方をするなら、ネフティスか再生の毒リンゴあたりと合わせた使い方をすると面白いでしょう。

再生の毒リンゴを使ったフォロワーが破壊されれば2体に増やせるわけで、鏡の世界と合わせれば可能性はかなり広がります。

また、ネフティスで使用する場合、運に左右されますが、ネフティスでの選定がトワイライトクイーンの次のラストワードフォロワーがモルディカイであれば1回のネフティスでモルディカイを2体展開することが可能です。カムラの発動で除去と回復が2回発動するのも普通に強いですし、発動した最後のラストワードがトワイライトクイーンだった場合、場のモルディカイが次のラストワードになればやはり2体出現します。

ダークアリスは2回発動しても意味が無いことには注意しましょう。

テーマデッキとして考えても面白く、ラストワード多めの構築であれば雑に積んでも仕事をする点から汎用性も高いと考え、評価はSとしています。

相性が良いデッキ

ラストワードネクロ

最も発動させる価値が高いのは闇の従者のラストワードでしょうか。ウルズと比べて同時に2体出るのが強いとも言えますが、リッチが出るターンが1ターン遅くなりがちな点は注意が必要かもしれません。従者以外ではボーンキマイラが4体展開になることやネクロエレメンタラーが全体2点になって強烈なAoEと化すことなどが有効そうです。

ネフティスネクロ

2478ネフティスという形になるでしょうか。

ネフティス発動まで辿り着いた場合の勝率を大きく引き上げられるカードになりそうです。

ネフティスデッキは今回かなり有効なカードを貰ったこともあり、新型が一定以上の勢力となりそうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.15、20で2週連続優勝。

関連情報

新カードパック「Starforged Legends / 星神の伝説」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ