シャドウバース

【シャドウバース】精神統一の先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

【シャドウバース】精神統一の先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

最終更新: 2017-09-21 18:09:35

シャドウバースの新パック「Starforged Legends / 星神(せいしん)の伝説」に実装されるカード「精神統一」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

精神統一

カード名 評価 レアリティ
精神統一 B+ シルバー
クラス タイプ コスト
ウィッチ スペル 3

カードを2枚引く。
【土の秘術】2枚ではなく3枚引く。自分のリーダーを1回復。

カード考察

2ドロースペルです。土を絡めれば3ドローも可能なため、コンボ系のデッキとかなり相性が良いでしょう。

3コストから軽減できるわけではないので、運命の導きのように完全に隙を0にして撃つことは出来ませんが、一方でスペルを大量に積んでいないデッキにも入れることが出来る点は評価できます。

隙自体は大きいカードなので、この隙をどう消すかが問題になると思いますが、最も隙を消しやすいカードは呼び覚まされし禁忌でしょうか。

膨大な手札アドバンテージを稼げるカードで、様々な用途が思いつきますが、手札を増やす手段が爆発的に増加したため最も有用な使い方が出来そうな呼び覚まされし禁忌テーマデッキでもあくまでも選択肢だと考え、評価はB+としています。

相性が良いデッキ

呼び覚まされし禁忌テーマデッキ

手札を2枚または秘術込みで3枚引くことが出来るため、呼び覚まされし禁忌の効果発動のトリガーを引きやすいです。

テーマデッキとして組むなら効果は確実に起動したいので、6PPでハンド8枚+場の土の印かハンド9枚から呼び覚まされし禁忌を出してから精神統一という流れが最も自然でしょうか。

ただし、6PPなら呼び覚まされし禁忌に頼らずとも土の印があれば偉大なる魔術師・レヴィで3点出せるため、準備に対する効果が見合ってないように思います。

どちらかというと、

  • 先攻
    1:魔女の大釜(エンド時手札3)→2:魔法図書館(エンド時手札4)→3:呼び覚まされし禁忌(エンド時手札5)→4:精神統一(ターン開始時手札6→精神統一で手札5から魔女の大釜と合わせて4ドローで手札9枚、呼び覚まされし禁忌効果発動)
  • 後攻
    1:魔女の大釜(エンド時手札4)→2:虹の輝き(エンド時手札5)→3:呼び覚まされし禁忌(エンド時手札5)→4:精神統一(ターン開始時手札6→精神統一で手札5から魔女の大釜と合わせて4ドローで手札9枚、呼び覚まされし禁忌効果発動)

のようなルートで最速呼び覚まされし禁忌発動を狙う形が面白いかもしれません。

この方法で進化権を温存しつつ相手の盤面を一掃し、手札9枚、盤面に下手をすると無傷の6/6が立っている状態を作れるので、決まるとかなりエグいコンボになるでしょう。

ただし、このコンボは特に先攻では精神統一を確定サーチにしても3枚コンボになるため、流石に現実味が薄そうです。現実的には5ターン目を手札9で迎えて呼び覚まされし禁忌+スカラーウィッチを場に出して禁忌を発動させるなどが強そうです。

5ターン目に禁忌と一緒に使って発動を狙えそうなカードはスカラーウィッチか運命の導き、後は予め場に出して置いた魔法図書館でターン終了時に発動も許容と考えられるでしょうか。呼び覚まされし禁忌へのアクセスさえ何とかなれば5ターン目発動は割と安定出来る形になったと考えられるので、現実味のあるコンボになってきた気がします。

超越ウィッチ

呼び覚まされし禁忌超越という型もあり得るかもしれませんが、普通の超越ウィッチでの採用選択肢にもなり得るかなと思います。

ただ、超越ウィッチはドローが多すぎると逆にハンドが燃えてしまうリスクも高いため、現行の構築と大きく異なる構築を目指すことにはなりそうです。

魔力の蓄積との選択、ないし枚数調整になる可能性が高そうで、魔力の蓄積と違ってスペルブースト-1コスト系カードとのシナジーが期待出来ないため、選択肢としての優先順位は低くなる可能性は高いかもしれません。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.15、20で2週連続優勝。

関連情報

新カードパック「Starforged Legends / 星神の伝説」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ