シャドウバース

【シャドウバース】竜を育む者・マチルダの先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

【シャドウバース】竜を育む者・マチルダの先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

最終更新: 2017-09-20 18:59:56

シャドウバースの新パック「Starforged Legends / 星神(せいしん)の伝説」に実装されるカード「竜を育む者・マチルダ」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

竜を育む者・マチルダ

カード名 評価 レアリティ
竜を育む者・マチルダ A ブロンズ
クラス タイプ コスト
ドラゴン フォロワー 2

進化前:1/1
【ファンファーレ】ファイアーリザード(2/2/1)1枚を手札に加える。

進化後:3/3

ファイアーリザード
2コスト
2/1 進化後4/3
【ファンファーレ】相手のフォロワー1体に1ダメージ。

カード考察

2/1/1と残念なスタッツです。その代わりにファイアーリザードを生成してくれます。

2/1/1は相手フォロワーにまず確実に一方トレードされてしまうサイズですが、サーチしてくるカードがファイアーリザードなので、翌ターンのファンファーレ能力でトレードされた相手を処理することが出来ます。

1枚で2ターン目と3ターン目の行動を約束される他、3ターン目にブレイジングブレスなどと合わせて動ければ一気に盤面を取ることも出来ます。また、後攻4ターン目にリリエル進化のような動きも可能なため、有用な場面は多いです。

さらに、1枚で4コスト分確実に動けるため、7PPで原初の竜使いと一緒に出して手札2枚で盤面に5点、フェイスに2点与えることが出来ます。

ドラゴサモナーと比べると一見酷く弱いカードのようにも思えますが、シナジーのあるカードの確定サーチを行っているため、かなり強いように思います。手札枚数が重要なデッキ、3コスト帯が薄いデッキでは採用を考えて良いカードでしょう。

特に原初の竜使いシナジーを組み込んだデッキとの相性が非常に良く積極的な採用選択肢になると考えられるため、評価はAとしています。

相性が良いデッキ

アグロドラゴン

原初の竜使いとのシナジーの優秀さはかなり目を引きます。手札を消費せずにファイアーリザードをいつでも持って来れるというのはかなり心強く、相手フォロワーが体力1残して進化を切ってきた時などは汎用的に役立ちます。

3コストフォロワーに不自由するデッキではなさそうなので、その部分のシナジーは薄そうですが事故防止にはなりますし、2PPで使用した際の許容範囲のパワーとゲーム全体を通じたシナジーの強さから採用選択肢としては有力になりそうです。

OTKドラゴン

手札1枚で2ターン分仕事を出来るところが偉いです。

また、そのような少ない手札で天界への階段のカウントダウンを進められるのも強みだと言えるでしょう。

非常に相性の良いカードだと思われます。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.15、20で2週連続優勝。

関連情報

新カードパック「Starforged Legends / 星神の伝説」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ