シャドウバース

【シャドウバース】キングエレファントの先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

【シャドウバース】キングエレファントの先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

最終更新: 2017-09-19 18:17:14

シャドウバースの新パック「Starforged Legends / 星神(せいしん)の伝説」に実装されるカード「キングエレファント」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

キングエレファント

カード名 評価 レアリティ
キングエレファント B+ レジェンド
クラス タイプ コスト
エルフ フォロワー 10

進化前:1/1
【疾走】
このフォロワーは【守護】を無視して攻撃できる。
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべてを手札に戻す。
自分の他の手札1枚につき+1/+1する。

進化後:3/3

カード考察

10/1/1とジョークみたいなスタッツですが、効果で自分のフォロワーを回収しつつ手札の枚数だけバフを受け、守護を無視して疾走可能です。自身を場に出しますが、回収能力があるため、最大バフ量は9となり、10/10になります。与える打点量から考えてかなり白銀の矢に近い役割だと言えそうです。白銀の矢よりも1コスト重いため、9PPで白狼サーチと手元のキングエレファントで合計20点バーストという動きは行えないのは注意が必要でしょう。

一方で盤面を回収してそれも打点に乗せることが出来る点は優秀だと言え、手札を消費して展開しながらゲームをすることと相性が良いです。また、古き森の白狼の効果で手札に入れる場合、打点追加可能な手札回収手段となるため、少量のリノセウスと合わせてリーサルコンボにすることは容易だと言えるでしょう。

また、白銀の矢と違って場に特大サイズの化け物が残るため、返しにリーサルされない場面では処理強要カードとしてかなり凶悪なカードとなります。

既存の白狼エルフ以上にコンボ特化した構築になりますが、充分にフィニッシャーとして採用する価値はあると言え、評価はB+としています。

相性が良いデッキ

白狼エルフ

白銀の矢の枠の選択肢として考えて良いでしょう。白銀の矢を使い続ける型も、1枚ずつ採用して9PP白銀エレファントコンボを狙う形も、2枚ともキングエレファントにしてリノセウスと合わせた20点バーストを狙う形も生まれるのではないかと思われます。また、10PPでは白狼+キングエレファントのコンボで20点バースト可能というのも特筆すべき点かもしれません。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.15、20で2週連続優勝。

関連情報

新カードパック「Starforged Legends / 星神の伝説」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ