シャドウバース

【シャドウバース】円卓会議の先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

【シャドウバース】円卓会議の先行紹介カード評価【Starforged Legends / 星神の伝説】

最終更新: 2017-09-25 19:35:50

シャドウバースの新パック「Starforged Legends / 星神(せいしん)の伝説」に実装されるカード「円卓会議」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

円卓会議

カード名 評価 レアリティ
円卓会議 A ゴールド
クラス タイプ コスト
ロイヤル スペル 5

コスト3の指揮官・カードをランダムに2枚、自分のデッキから場に出す。

カード考察

コスト3の指揮官カードをデッキから直接場に出せるカードです。

コスト3のカードを2枚場に出しているので、ファンファーレ効果のないカードを出せば1コスト分得をする計算になります。

また、手札1枚で行える動きなので手札もお得ですし、デッキから低コストカードを減少させる圧縮効果も兼ねることが出来ます。

コスト3の指揮官としては、フェンサー、ネイビールテナント、わがままプリンセス、宝杖の司令官、ホワイトパラディン、キャプテンリーシャ、シンデレラが既にありますが、宝杖の司令官、ホワイトパラディン以外は円卓会議でサーチしてもあまり嬉しくなさそうです。

シンデレラは先に出れば使った瞬間に手札に返ってくる可能性がありますが、援護射撃の弾として悪用するなどの使い方をするのであれば敢えて入れてみるのも面白いかもしれません。

旧弾カードだけで見るとそこまで魅力的なカードには思いにくいかもしれませんが、新弾で静かなる炎将・マーズ、ロードジェネラル・ロミオ、プリンセス・ジュリエットが3コスト指揮官として追加されました。

先にマーズが出るかどうかに左右されますが、マーズとロミオのコンボは5コストで出来る動きとしてはかなり強めの動きですし、マーズとホワイトパラディンが出ればパラディン進化で生成されるシールドガーディアンは実質2/2守護として仕事をしますので、かなり強いです。

また、プリンセス・ジュリエットを2枚持ってくれば単純に進化込み6点疾走ですので、5コストで出せる火力としてはかなり部類になります。

何枚積むか、円卓会議のためにどこまで3コスト指揮官を積むかといった問題はありますが、コスト以上の仕事をさせるのは比較的容易なカードだと言え、汎用的に様々なデッキの投入選択肢になるでしょう。そう考え、評価はAとしています。

相性が良いデッキ

アグロロイヤル

3コスト指揮官をプリンセス・ジュリエットのみにして確定サーチで投げると強力です。

直接2枚以上引いてしまった時や2枚目以降の円卓会議が弱くなりやすいので、枚数は抑えた方が良いでしょう。

ミッドレンジロイヤル

静かなる炎将・マーズと組み合わせた構築の仕方が強そうです。ホワイトジェネラル、ロミオあたりと合わせて構築すれば防御力高めの構築になりますし、長期戦で弱いトップドローに悩まされる心配が減ります。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.15、20で2週連続優勝。

関連情報

新カードパック「Starforged Legends / 星神の伝説」情報まとめ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ