シャドウバース

【シャドウバース】ウリエルの先行紹介カード評価【Rise of Bahamut/バハムート降臨】

【シャドウバース】ウリエルの先行紹介カード評価【Rise of Bahamut/バハムート降臨】

最終更新: 2017-03-16 18:28:57

シャドウバースの新パック「Rise of Bahamut/バハムート降臨」に実装されるカード「ウリエル」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

ウリエル

カード名 評価 レアリティ
ウリエル S ゴールド
クラス タイプ コスト
ニュートラル フォロワー 4

進化前:3/3
【ファンファーレ】アミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

進化後:5/5
効果:なし

カード考察

スタッツだけで見ると4/3/3とやや弱めの数値ですが、効果に大いに可能性を感じます。

この効果の強力さがありながら4/3/3というのはオーバースタッツ気味であると言え、許容範囲の行動を取りながらデッキのキーパーツをサーチ出来る夢のようなカードとなっています。

サーチしたいアミュレット筆頭としてはディスカードドラゴンの竜巫女の儀式が挙げられるでしょう。このカードを手札に入れる手段が1種類増えたことでやりたい動きを出来る確率が高まり、デッキパワー以前の問題で選択肢から消えるデッキではなくなりました。

他にも漆黒の契約、死霊の宴などをサーチする手段としても有用そうです。少し地雷臭が強くなりますが、魔導の力場や鳳凰の庭園などもサーチ対象として挙げられそうです。また、確定サーチに拘らずとも秘術ウィッチにおいて土の印をサーチする手段として検討範囲内に入るかと思われます。

この他メジャーなアミュレットとしては王家の御旗やエイラの祈祷などが挙げられますが、王家の御旗は本人が兵士でないところがアンチシナジーな点、エイラの祈祷は他のアミュレットを大量に積むのでサーチ性が低すぎる点などから微妙だと想像されます。

ディスカードドラゴンのキーパーツになることは勿論、ニュートラルクラスのサーチカードということで可能性が極めて高いカードだと言え、その用途の多彩さなどから評価をSとしています。

相性が良いデッキ

ディスカードドラゴン

竜巫女の儀式がどうしても欲しいデッキなので、ウリエルとの相性は抜群に良いでしょう。

ウリエル→竜巫女の儀式+何か→オウルガーディアンなどの動きであればそこまで隙も作らずに済みそうです。確定サーチにするためには黄金竜の棲家をデッキアウトする必要があるため、確定サーチに拘るなら竜巫女の儀式を貼った後にどうやって手札を増やすかも考えて構築する必要があるでしょう。

ディスカードドラゴンがネタ以上のデッキとなる可能性の根拠となる1枚だと言えます。また、引き過ぎたウリエルは捨ててしまえるのもこのデッキの良いところです。

コントロールヴァンパイア

ドローソースが欲しいデッキのため、漆黒の契約を確定サーチ出来るこのカードとは相性の良いデッキだと言えます。

4ターン目にウリエル、5ターン目に漆黒の契約で復讐状態になってディアボリックドレインなどが目指したいムーブとなるでしょうか。2枚目以降のウリエルは少し邪魔ですが、漆黒の契約+ブラッディーメアリーのコンボが極めて強力なため、狙えるなら漆黒の契約2枚目をサーチに行っても良いかもしれません。

ランプドラゴン

少し状況を選ぶカードな気もしますが、連なる咆哮を確定サーチすることが可能です。

竜の託宣で加速した後のPP4で出すカードとしては強力なカードだと言え、あまり枚数は積みたくないが場合によってはエンドカードとなる連なる咆哮にアクセスできるのは割と有能である可能性はあるでしょう。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパックバハムート降臨の情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ