シャドウバース

【シャドウバース】怪犬の墓守の先行紹介カード評価【Rise of Bahamut/バハムート降臨】

【シャドウバース】怪犬の墓守の先行紹介カード評価【Rise of Bahamut/バハムート降臨】

最終更新: 2017-04-07 18:38:01

シャドウバースの新パック「Rise of Bahamut/バハムート降臨」に実装されるカード「怪犬の墓守」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

怪犬の墓守

カード名 評価 レアリティ
怪犬の墓守 A ブロンズ
クラス タイプ コスト
ネクロマンサー フォロワー 2

進化前:2/2
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべては、このフォロワーが消滅するとき、“消滅ではなく破壊される”を持つ。
自分の場にフォロワーが出るたび、それはこのフォロワーが消滅するとき、“消滅ではなく破壊される”を持つ。

進化後:4/4
自分の場にフォロワーが出るたび、それはこのフォロワーが消滅するとき、“消滅ではなく破壊される”を持つ。

カード考察

2/2/2の標準スタッツのカードです。

効果はゴーストが消滅する代わりに墓地にカウントされるようになる他、漆黒の法典や鉄槌の僧侶による消滅でラストワードを無視される効果を無かったことに出来ます。

通常、秘術ウィッチやビショップ相手に地獄の解放者は出したくないものですが、このカードを予め配置しておけば消滅のリスクを避けやすいと言えます。

ネクロの2コスト帯は激戦区ですが、他のカードにはない強みを持っていると言え、十分に採用圏内だと判断出来るためA評価としました。

相性が良いデッキ

確定ネフティス

スペルカードの採用が多く、ネクロマンスを消費するものも多いため、墓地を稼ぐのに役立つこのカードは需要があると言えます。

怪犬の墓守が盤面にいる状態で怨嗟の声を撃てば墓地が3枚貯まりますし、盤面処理のために撃つファントムハウルでも墓地が1枚増えます。ネクロマンス腐の嵐や死の祝福にかなり繋ぎやすくなるため、特に先攻では非常に有用な墓地増幅カードとして活躍出来るでしょう。

ミッドレンジネクロ

アグロネクロではスパルトイサージェント、ダークコンジュラー、レッサーマミーを超える役割を期待しにくいですが、ミッドレンジネクロであれば地獄の解放者やモルディカイの消滅回避に一役買ってくれることも多いでしょう。

ミッドレンジネクロにおいても2コスト帯の採用には悩ましさがありますが、環境次第では優先して投入するカードになるでしょう。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパックバハムート降臨の情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事