シャドウバース

【シャドウバース】インペリアルドラグーンの先行紹介カード評価【Rise of Bahamut/バハムート降臨】

【シャドウバース】インペリアルドラグーンの先行紹介カード評価【Rise of Bahamut/バハムート降臨】

最終更新: 2017-04-07 18:34:51

シャドウバースの新パック「Rise of Bahamut/バハムート降臨」に実装されるカード「インペリアルドラグーン」の先行評価です。カード考察や相性の良いデッキを掲載しています。

インペリアルドラグーン

カード名 評価 レアリティ
インペリアルドラグーン A レジェンド
クラス タイプ コスト
ドラゴン フォロワー 9

進化前:5/5
【ファンファーレ】手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につき、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。

進化後:7/7
効果:なし

カード考察

スタッツは9/5/5とコストから考えれば申し訳程度のスタッツ。一方で特殊能力は非常に強力だと言えます。

捨てられる手札は最大で8枚ですが、相手の盤面を壊滅させ、かつフェイスにも8点入れることが出来ます。

自身の能力で手札を全て捨ててしまうため、この能力でリーサル出来ないのであれば竜巫女の儀式などで手札を補充しないとなかなか苦しい展開になるかもしれません。

竜巫女の儀式が貼ってなくてもドラゴニュートスカラーや黄金竜の棲家との相性も良いと言えます。

相性が良いデッキ

ディスカードドラゴン

既存のディスカードドラゴンはPP9になる前にカードを全て引き切ってしまう構築のため、全く新しくデッキを考える必要があるとは思いますが、天翼を食うものは出たターンには動けなかったのに対し、インペリアルドラグーンは相手の盤面だけ破壊、リーダーにもダメージと効果の強力さは常軌を逸しています。

竜巫女の儀式が貼ってある状態では1度出してしまえば翌ターンにも連鎖する確率も高く、2枚目が入れば16点なので概ねリーサルと言えます。 ディスカードドラゴンの大きな欠点の一つである、折角回ったのに相手のライフを削り切れずにデッキが尽きて負けてしまう可能性はかなり低くなったと言えます。

問題は出るターンの遅さで、ギミック自体が立ち上がりの遅いものなので、どうやってその遅さをカバーして耐えるかというところが最大の課題となりそうです。

そもそも竜巫女の儀式を引けないと弱い問題も大きいのですが、竜巫女の儀式さえ引ければ大体勝てるレベルまで行けばコンセプトデッキを超えた一級品のデッキへの昇華させられる可能性も秘めています。

ランプドラゴン

登場時に相手の小型守護を破壊しながらリーダーにも加点出来る程度の効果を期待できます。

この動きによって相手のリーサルまでの計算を大きく狂わせられるため、場面によっては勝敗を逆転するほどの仕事をする可能性もあります。

登場後は完全なトップ勝負になってしまいますが、そもそも9コスト支払える状況は既に終盤だと考えてよいことが多いでしょうから、存外強力な一打になることは少なくないでしょう。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

新カードパックバハムート降臨の情報まとめ

全カード一覧

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ