シャドウバース

【シャドウバース】7/20更新!Ratings for シャドウバースから見る環境(2017年7月編)

【シャドウバース】7/20更新!Ratings for シャドウバースから見る環境(2017年7月編)

最終更新: 2017-07-20 20:34:47

Ratings for シャドウバースのレーティング2期の環境分析です。BO3のリーダー組み合わせとレート数値の関係やどちらのリーダーを先に出すかなど環境を考察しています。BO3の参考にして下さい。

あるじ氏執筆デッキ

ダークネス・エボルヴの環境の初日マスターランク1位や数々の大会でも結果を残している実力派プレイヤーあるじ氏が執筆した記事です。

目次

Ratings for シャドウバースのレーティング第2期から、約15000試合分程の有効データを使って考察を行ってみました。

リーダーの組み合わせ分布

まずは、レート戦で実際に使われたリーダーペア全体の分布を見てみたいと思います。

それなりに勢力の大きかった上位8ペアとその他の分布を見るとこのような形になりました。

リーダーペア 使用率
ヴァンプ-ビショップ 33.39%
ヴァンプ-ウィッチ 21.18%
ヴァンプ-ネクロ 13.74%
ヴァンプ-ドラゴン 6.93%
ウィッチ-ビショップ 5.17%
ヴァンプ-エルフ 4.10%
ヴァンプ-ロイヤル 2.40%
ネクロ-ビショップ 2.16%
その他 10.93%

JCGでも猛威を奮っているヴァンプビショップのペアはレーティングでも強く、全体の33%を占めている模様です。

最強と名高いヴァンパイアは全体の82%近い割合を占めていますが、2番手以降はビショップが43%、ウィッチが32%と続いており、かなりバラけている感じはありますね。

次にレート帯別にリーダーの組み合わせを見てみるとこのようになりました。

リーダーペア 1500未満 1500台 1600台 1700台
ヴァンプ-ビショップ 31.36% 34.79% 36.51% 28.39%
ヴァンプ-ウィッチ 18.57% 23.41% 22.95% 21.86%
ヴァンプ-ネクロ 11.86% 10.49% 14.65% 28.39%
ヴァンプ-ドラゴン 9.11% 9.21% 5.41% 6.90%
ウィッチ-ビショップ 9.39% 4.34% 4.95% 2.40%
ヴァンプ-エルフ 3.25% 6.58% 2.16% 3.26%
ヴァンプ-ロイヤル 0.56% 1.25% 2.53% 0%
ネクロ-ビショップ 3.25% 1.71% 2.01% 2.03%
その他 12.64% 8.22% 8.85% 6.77%

こうして見てみると、ヴァンプ-ビショップという組み合わせは1500台~1600台の中堅レート帯で最も採用率が高くなっており、1700以上や1500未満では少し割合が低くなっていることが解ります。

一方、ヴァンプ-ネクロという組み合わせは1600台から増え始め、1700以上ではヴァンプ-ビショップと並んで最大多数となっています。ヴァンプ-ネクロという組み合わせが高レート帯でのみ、かなり好んで使われているということがよく解りますね。

また、高レート帯ではドラゴンの使用率がやや落ちていることが見て取れるでしょうか。これはヴァンパイアへの勝率の低さが数字に表れているものと言えるかもしれません。

なお、1700以上に絞った場合のヴァンパイア使用率は約88%と全体に占める割合と比べて高くなっており、レートを勝ちに行っているプレイヤーであるほどヴァンパイアを使用する比率が高くなっており、信頼の高さが伺われます。なお、この採用率88%という数字ですが、前環境の高レート帯のネクロ採用率は93%でしたのでそれに比べれば低い数字となっており、ビショップ、ウィッチ、ネクロあたりが有力な選択肢として機能していることを裏付けています。

初回選出の傾向

それぞれの主要なリーダーペアについて、初戦の選出の傾向を見てみました。

相手のリーダーペアによっても変わってくるとは思いますので、大まかなものにはなりますが、割と解りやすい傾向が出ています。

リーダーペア 先出リーダー割合
ヴァンプ-ビショップ ヴァンプ先出67.84%
ヴァンプ-ウィッチ ヴァンプ先出57.82%
ヴァンプ-ネクロ ヴァンプ先出53.41%
ヴァンプ-ドラゴン ドラゴン先出54.27%
ウィッチ-ビショップ ビショップ先出59.33%
ヴァンプ-エルフ エルフ先出60.71%
ヴァンプ-ロイヤル ロイヤル先出61.67%
ネクロ-ビショップ ネクロ先出63.69%

このようになりました。

ヴァンパイアを含んだリーダーペアに関しては基本的にヴァンパイアを先出することが多く、ヴァンプ-ビショップでは特にヴァンパイアから先出することが多いようです。これはヴァンパイアに対する信頼感から、まずは一勝取りたいという気持ちが表れているのかと推測されます。

一方で、ヴァンプ-ドラゴンやヴァンプ-エルフ、ヴァンプ-ロイヤルなどあまり選択されないリーダーを選んでいるプレイヤーは自信の表れなのかヴァンプ以外のリーダーから先出することが多いようです。

また、試合数の関係でサンプル数が十分に取れないため、上位4ペアに絞ってレート帯別にヴァンプ先出率を見ると、このようになりました。

ヴァンプ先出率

リーダーペア 1500未満 1500台 1600台 1700以上
ヴァンプ-ビショップ 75.94% 70.89% 61.53% 66.62%
ヴァンプ-ウィッチ 62.71% 55.77% 56.26% 55.39%
ヴァンプ-ネクロ 61.57% 49.24% 45.81% 59.57%
ヴァンプ-ドラゴン 52.91% 46.75% 39.31% 40.91%

レートが高くなるにつれてヴァンパイアを先出している比率が減少している傾向が見られます。

ですが、1700以上になると逆にヴァンパイアを先出する比率が伸びているケースが多く、レート1700以上ではヴァンパイアに対する捉え方が少し別の次元になってきていることが伺えます。

ヴァンパイアに最も勝てているリーダーは?

このように、現行環境においてはヴァンパイアは支配的なパワーを発揮しています。

では、そんなヴァンパイアに対して最も高い勝率を叩き出しているリーダーは何なのかというのを、1750以上の超高レートに絞って見てみたところ、ビショップの66.67%というのが最も高い対ヴァンパイア勝率でした。

レートはデッキ登録制ではないため、彼らがどのような構築を使ったのかは定かではありません。イージスビショップなのか、黄金郷ビショップなのか、はたまた別の構築なのか。また、それらにどの程度ヴァンパイアを意識したカードを搭載していたのか。それともプレイングで差を付けているのか。

それらに関しては、実際にレートに潜ってみて高レートプレイヤーと戦ってみて確認するのが良いのではないかと思われます。

7/30のナーフ発表を前に、現在少なくとも5枚のカードのナーフを検討しているという公式のツイートがあったため、31日のナーフ施行と環境の再編はほぼ確定している状況と言えます。

ですが、ナーフ前にもJCGやレーティングなどなど、まだまだやれることはたくさんありますので、これらのデータを生かしてギリギリまで環境を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ