シャドウバース

【シャドウバース】ミッドレンジロイヤルのマリガン考察!基本方針からクラス別の対策、具体的なケースでの解説も有り

【シャドウバース】ミッドレンジロイヤルのマリガン考察!基本方針からクラス別の対策、具体的なケースでの解説も有り

最終更新: 2017-01-04 19:08:41

シャドウバースのミッドレンジロイヤルのマリガン選択の解説です。クラスごとにキープしたいカードや具体的な例での交換案、序盤の動きなどを丁寧に解説しています。

強豪プレイヤー天江らいむ氏執筆記事

シャドウバースの全国大会RAGE vol.3でbest16と好成績を収めた折り紙付きの実力派プレイヤーで強豪チームWheel of Fortune所属している天江らいむ氏に執筆して頂きました!幅広いゲームの経験をシャドウバースでも遺憾なく発揮しており、常に上を目指す貪欲な考察は必見です!

ミッドレンジロイヤルのマリガンについて

マリガンについて基本方針、クラス別、実際のマリガン考察と大きく3つに分けています。

目次

基本方針

序盤からマナカーブに沿ってフォロワーを展開し優位なトレードを築き、中盤終盤でのバフによって勝利を目指します。

サンプルデッキ

基本マリガン

基本的に1,2,3コストフォロワーを1枚ずつキープできると良いですが、3コストフォロワーのみの場合キープせずにマリガンします。しかし「メイドリーダー」は2コストフォロワーとして扱いません。

2,3コストフォロワーを持っている時は「フローラルフェンサー」(後攻時)や「海底都市王・乙姫」をキープしても良いと思います。

カード名 説明

メイドリーダー
2コストフォロワーと考えない

フローラルフェンサー
後攻時2,3コストフォロワーがいればキープ

海底都市王・乙姫
2,3フォロワーがいればキープしてもOK

クラス別

vsエルフ・ウィッチ

先行時は基本マリガンに準じてマリガンします。

後攻時は基本マリガンに加えて「渾身の一振り」もキープします。

カード名 説明

渾身の一振り
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。
相手のフォロワー1体に2ダメージ。

vsロイヤル・ネクロ

先行時は基本マリガンに準じてマリガンします。

後攻時は1コストフォロワーを返します。さらに、「渾身の一振り」をキープします。

カード名 説明

渾身の一振り
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。
相手のフォロワー1体に2ダメージ。

vsドラゴン

先行後攻問わず基本マリガンに準じてマリガンします。

vsヴァンパイア

先行後攻問わず1,2,3コストフォロワーに加え「ロイヤルセイバー・オーレリア」をキープします。 さらに「渾身の一振り」をキープします。

カード名 説明

ロイヤルセイバー・オーレリア
守護
【ファンファーレ】「相手のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。相手のフォロワーが3体以上なら、「相手の能力で選択できない」を持つ。

渾身の一振り
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。
相手のフォロワー1体に2ダメージ。

vsビショップ

先行後攻問わず基本マリガンに準じてマリガンします。

ビショップ相手の場合だけ「メイドリーダー」を2コストフォロワーとして扱い、キープします。

カード名 説明

メイドリーダー
【ファンファーレ】指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

マリガン考察

先行:vsエルフ

2,3コストのフォロワーを持っているときは「海底都市王・乙姫」もキープしても良いですが、この場合は3,4,5ターン目と3ターンの間ができてしますので1,2コストをキープして「海底都市王・乙姫」は返します。

詳しい確率はコチラ

後攻:vsビショップ

2コストフォロワーが引けるとかなり強い動きができるシーンで悩ましいですが、1ターン目の2ドローと2ターン目のドローに期待して全キープしても良いと思います。

詳しい確率はコチラ

先行:vsヴァンパイア

これは全キープします。相手がアグロヴァンパイアであったときは5ターン目の「ロイヤルセイバー・オーレリア」の効果を発動させて使用します。選択できる状態で出してしまうと「死の舞踏」の的となってしまうのでむしろ相手の有利になってしまうので気をつけましょう。コントロールヴァンパイアのときも空進化などで処理されないように使えると良いです。

詳しい確率はコチラ

後攻:vsネクロ

「渾身の一振り」をキープする典型的な例です。この場合は「海底都市王・乙姫」を返し、2コストフォロワーと「渾身の一振り」をキープします。相手の動きに合わせてフォロワーかスペルかを選択します。

詳しい確率はコチラ

先行:vsウィッチ

「海底都市王・乙姫」をキープする典型的な例です。ウィッチに勝つために「海底都市王・乙姫」はほぼ必須となるため、序盤の動きが確定してるのであればキープします。

詳しい確率はコチラ

後攻:vsロイヤル

2,3,4ターン目の動きが確定しているので全キープします。基本的にpp通りプレイできると強いですが、序盤の動きが確定しているため3ターン目に2コストフォロワーをプレイしてもロスにならないためキープします。

詳しい確率はコチラ

先行:vsドラゴン

個人的に全マリガンしたいシーンですが、宗教によって変わるため必ず返すわけではないと思っています。2コストフォロワーを多く採用しているデッキならばマリガンし、少ない場合はキープすると良さそうに見えます。

詳しい確率はコチラ

RAGE vol.3 best16と好成績を収めた折り紙付きの実力派プレイヤー。 強豪チームWheel of Fortune所属。

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事