シャドウバース

【10/5更新】JCGから見る上位プレイヤー達の動向【環境考察】2017年10月1週(Tier/デッキ/リーダー)

【10/5更新】JCGから見る上位プレイヤー達の動向【環境考察】2017年10月1週(Tier/デッキ/リーダー)

最終更新: 2017-10-05 19:23:07

シャドウバースの大会JCGで使用されているリーダーやデッキの傾向から環境やTierを考察しています。2017年9月29日、30日、10月1日のJCGグループ予選を参照しています。

JCGから見る環境考察 2017年10月1週

遂に星神の伝説がリリースされましたね。リリース第一週ということで、まだ環境が定まらない中での開催だったと思いますが、初週のJCGがどのような環境だったか見てみたいと思います。

それでは、まずは9月29日、30日、10月1日のJCGグループ予選のデータを集計し、環境をざっと見てみたいと思います。

リーダー分布

該当期間のリーダーの分布は以下のようになっていました。(小数点以下四捨五入)

クラス 使用率(前回との比較)
ドラゴン 24% (+8%)
ネクロマンサー 19% (-1%)
ウィッチ 18% (-2%)
エルフ 15% (+11%)
ロイヤル 10% (-6%)
ビショップ 8% (-3%)
ヴァンパイア 6% (-7%)

※四捨五入しているので総和が100%にならないことがあります。

新弾では原初の竜使いが猛威を奮っており、大会でもドラゴンが最も使用されるリーダーとなりました。

ネクロ、ウィッチは前環境でも人気のリーダーでしたが、変化の小ささからとりあえず前環境の名残で採用されたのか、実際に強いと判断されたのかは今週に判断を委ねることになりそうです。

期待された程ではないにせよ、大きくパワーを上げたエルフもかなり浮上しました。

ロイヤルはランクマでの使われ方を見る限り、今週はもっと数を増やしそうですね。

ビショップはアイテールを貰ったものの、アーキタイプとしてパッとしない印象があるので、今後も少し伸び悩む可能性もありそうです。

ヴァンパイアは前環境でナーフ祭りだった反省でしょうか。最下位でした。今のところパッとしたアーキタイプもなく、苦戦しそうです。

デッキ分布

使用されていたデッキの種類も細かく見て行きましょう。デッキ判定はざっくり行っていますので大まかな目安だと思って頂ければと。

ドラゴン

種類 使用率(前回との比較)
原初ドラゴン 62% (NEW)
ランプドラゴン 36% (-59%)
OTKドラゴン 2% (+2%)

ドラゴンは遂にランプドラゴンというアーキタイプが頂点ではなくなりました。まぁ、原初ドラゴンもランプドラゴンの一種のような型も多いので、多少言い過ぎかもしれませんが。

原初ドラゴン自体は細かくアーキタイプが存在していますが、まだ乱立状態なので一旦まとめています。もう少し環境が固まってきたら細かく分けて見るかもしれません。

また、いわゆるパチンコもそれなりにいたようです。

ネクロマンサー

種類 使用率(前回との比較)
ミッドレンジネクロ 67% (-8%)
ネフティスネクロ 21% (-2%)
骸の王ネクロ 11% (+11%)

新環境でも人気となったのはミッドレンジネクロでした。

ランクマ環境ではほとんど見掛けないデッキですが、このデッキが今週のJCGでどの程度使われるかというのはランクマ環境とBO3環境の違いを見る一つの指針になりそうです。

注目すべきは骸の王ネクロでしょう。天界への階段のカウントダウンを骸の王の効果で踏み倒して骸の王の降臨を容易にしながら手札補充も行うという強力なコンボが実装されたことを受けた、いわゆる骸階段が増えました。ランクマではロイヤルに弱いこともあり、一時的に大繁殖はしていましたが今はやや落ち着いていると思います。これが大会でどうなるかも興味が尽きませんね。

ウィッチ

種類 使用率(前回との比較)
超越ウィッチ 56% (+7%)
秘術ウィッチ 32% (+21%)
ドロシーウィッチ 7% (+5%)
ニュートラルウィッチ 2% (-35%)
冥府ウィッチ 2% (+2%)

アリスのナーフを受け、ニュートラルウィッチは今度こそ完全に萎んだようです。

超越ウィッチは新弾でそこそこ強化されたこともあり、勢力を伸ばしました。

個人的に予想外だったのは秘術ウィッチの伸びでした。そこそこ強化はされたものの既存の延長構築が新弾環境で通用するほどとは思えないのですが、初週ではかなり大きな勢力になりました。こちらも今週のJCGでの去就が注目されます。

それ以外ではやはり若干強化されたドロシーウィッチが数を増やした以外に、冥府ウィッチも神秘の指輪の追加などの影響もあり、少し勢力を持っていたようです。

エルフ

種類 使用率(前回との比較)
OTKエルフ 51% (-34%)
アグロエルフ 26% (+26%)
冥府エルフ 15% (+15%)
白狼エルフエルフ 6% (-4%)

リリース前はTier1候補筆頭と言われ、私自身もそう信じていたエルフですが、完全にドラゴンに話題を持っていかれてしまいました。

とはいえ、WLD環境では一弱だったことを考えれば大躍進とは言えそうです。

分布としてはOTKエルフが最大勢力となっていますが、アグロエルフも妖精の調べやイピリアなどの追加により実用デッキに昇格しました。

その他では冥府エルフが少し勢力を得ましたが、原初ドラゴンがバハムートを積む型が主流であることを考えると冥府エルフは一時の流行止まりになりそうです。

ロイヤル

種類 使用率(前回との比較)
アグロロイヤル 73% (+73%)
ミッドレンジロイヤル 19% (+15%)
コントロールロイヤル 5% (+5%)
ニュートラルロイヤル 3% (-60%)

ロイヤルはランクマッチでも大暴れしているアグロロイヤルがJCGでも最大勢力でした。

先週よりかなり話題になりましたので、今週のJCGではアグロロイヤルの数が増えるかもしれません。

ミッドレンジロイヤルはマーズ型、コントロールロイヤルは抜刀レオニダスなどの型が多いようです。ニュートラルロイヤルが少数勢力として残存しているのは個人的にやや意外でした。

ビショップ

種類 使用率(前回との比較)
イージスビショップ 58% (+42%)
疾走ビショップ 13% (+11%)
セラフビショップ 12% (+12%)
コントロールビショップ 5% (+5%)
エイラビショップ 4% (+4%)
陽光ビショップ 4% (+4%)
獅子ビショップ 3% (-68%)

黄金郷の獅子とアリスのナーフで獅子ビショップは流石に一線を退きました。

新弾では解りやすく強化されたイージスビショップがトップに躍り出ました。

イージスビショップはまだどのビショップを使うべきか選び兼ねている感じで混沌としていますね。

ヴァンパイア

種類 使用率(前回との比較)
アグロヴァンパイア 44% (+27%)
コントロールヴァンパイア 22% (-28%)
復讐ヴァンパイア 19% (-7%)
ヨルムンガンドヴァンパイア 13% (NEW)

ヴァンパイアはアグロヴァンパイアが最大勢力でした。

新弾特有のアグロヴァンパイアが増える現象の影響もありそうですが、新弾で強化を受けたのもアグロヴァンパイアが多かったのでその影響もありそうです。

あとは、変形コントロールヴァンパイアみたいなデッキですが、ヨルムンガンドと自傷コンボを使った構築もそこそこの勢力でした。

Tierランキング

これらのJCGの採用率からTierランキングを作ると、このようになります。

  • 原初ドラゴン new
  • ミッドレンジネクロ

  • 超越ウィッチ
  • ランプドラゴン
  • OTKエルフ
  • アグロロイヤル
  • 秘術ウィッチ

  • イージスビショップ
  • ネフティスネクロ
  • アグロエルフ
  • アグロヴァンパイア
  • 冥府エルフ
  • 骸の王ネクロ

  • ミッドレンジロイヤル
  • コントロールヴァンパイア
  • ドロシーウィッチ
  • 復讐ヴァンパイア
  • 疾走ビショップ

この辺りまでがよく見かけるデッキだと言えそうです。

原初ドラゴンのTier1は当然として、意外にも二番手のデッキはミッドレンジネクロでした。これは予想していませんでしたし、今から振り返っても割と良く解らないです。

また、ランプドラゴンも上位デッキとして名を連ねているのは前環境の名残でしょうか。一応、一般的な原初ドラゴンの構築には有利が付きそうなので今週でも環境に残留しそうです。

数が多いことを予想したアグロロイヤルはTier2下位と意外にも数が少なかったですが、こちらはデッキレシピの普及もあって数を伸ばすかもしれませんね。ベースとなった潜伏ロイヤルが前環境、そこまで暴れなかったのでややマークが弱かったのかもしれません。(旅ガエルはそれでも逝きましたがw)

ただ、アグロロイヤルは先週のTier1であるミッドレンジネクロが非常にきついはずなので、そのあたりがどのような影響を与えてくるのかが楽しみですね。

全体として、初週ということもあり、前環境の名残が強く見られる環境ではありました。

今週の環境がどうなるか、というのが今後の環境を占う試金石として重要となりそうです。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。JCG Shadowverse Open 3rd Season Vol.15、20で2週連続優勝。

関連情報

JCGナーフ前ナーフ後比較考察【8月】

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事

今日のゲーム別人気記事

メニュー トップへ