シャドウバース

【シャドウバース】薔薇エルフのデッキレシピと立ち回り

【シャドウバース】薔薇エルフのデッキレシピと立ち回り

最終更新: 2017-02-08 20:46:28

シャドウバースの薔薇エルフのデッキレシピやデッキの概要、狙いたい動きを紹介しています。これを見れば薔薇エルフの序盤から終盤までの動き方が分かります。

※ダークネスエボルヴ環境でのデッキ

この記事はダークネスエボルヴ環境でのデッキになります。最新のデッキは以下のページにて紹介しています。

デッキレシピ一覧

強豪プレイヤーあるじ氏執筆デッキ!

テンポエルフの第一人者で、ダークネス・エボルヴ環境初日のマスターランク1位や数々の大会でも結果を残されている強豪プレイヤーあるじ氏に執筆して頂きました!高い分析力に基づいた実用性の高いデッキレシピ&解説は必見です!

目次

種類 薔薇エルフ
評価 7.5
使いやすさ B

サンプルデッキレシピ

デッキコード

▶デッキコードはこちら

コスト フォロワー名 枚数
1 ウォーターフェアリー 2
1 ベビーエルフ・メイ 3
2 フェアリーウィスパラー 3
2 リノセウス 3
3 エンシェントエルフ 3
4 エルフプリンセスメイジ 3
5 深緑の守護者 2
5 クリスタリアプリンセス・ティア 2
6 フェアリービースト 3
8 ローズクイーン 2
コスト スペル名 枚数
1 フェアリーサークル 3
2 新たなる運命 1
2 森荒らしへの報い 3
2 翅の輝き 2
5 森の意志 3
9 白銀の矢 2

候補カード

カード名 説明

自然の導き
リノセウスコンボによるリーサル筋を狙うなら必要なカードです。ただし、リノセウスは相手フォロワーの処理札として優秀なため、エンドカードもリノセウスに頼ろうとするとリノセウスの枚数が足りなくなりがち。今の構築のどこかに入れるというより、大改修を考えた方が良いかもしれません。

ベルエンジェル
打点を止めながらドローを進められるカードで、コントロール系のデッキと相性の良いカードです。今回のサンプルデッキでは盤面を処理できることを重く見てウォーターフェアリーを採用していますが、ベルエンジェルも捨てがたい仕事をします。

ロビンフッド
DP1の軽量フォロワーで畳みかけるデッキに対してはエンドカードとして機能します。また、リノセウスを止める役割としても非常に有用です。解りやすい仕事としてはその辺りなのですが、相手の中型フォロワーに対して「1点足りなくて破壊出来ない」場合にロビンフッドの効果で実質破壊することが可能だったりします。使いこなすとメタカード以上の仕事をするので、解りやすいメタとして機能しない試合でも意外と仕事をするのが強みです。
ただし、カードパワーが高い分依存した盤面を作りがちになるので、死の舞踏などの除去を受けるとそのまま押し切られることも多いハイリスクハイリターンな側面もあります。

太古の森神
6ターン目に出てくる9/9は破格のサイズなため、除去手段がないデッキに対してはエンドカードとして機能します。
最も苦手なカードは死の舞踏で、今回のサンプルデッキで確実に勝ちたいアグロ系のデッキと相性が悪すぎるので本レシピには採用していません。冥府エルフに対して強い動きをしやすいカードですが、盤面が森神だけだと森の意志+フェアリー進化などで簡単に討ち取られてしまうので、森神を投入するなら森神を活かすためのプレイプランを考えておくと良いでしょう。

フェアリープリンセス
短くなった手札を一気に最大値まで増やしてくれるカードです。フェアリーが大量に手札に入ってくるため、ローズクイーンとの相性は抜群となります。ただ、6PPで出すとフェアリーを消費出来ないため、次のドローが燃えてしまうのは注意が必要です。今回のサンプルデッキは常に大量の手札を抱えて戦うことを想定した構築ですが、自然の導き+リノセウスのコンボやティア連打をデッキの主軸として考える構築では手札消費が激しくなるためフェアリープリンセスとの相性は良いでしょう。

オーディン
コントロールデッキはオーディンを積まなければセラフビショップ系のカモとなりますが、一方でオーディンを2枚以上積むと優劣を逆転可能です。アグロデッキへの勝率を少し落としてでもセラフ対策に充てるというのはありですし、そうしたメタの組み換えが行いやすいというのは薔薇エルフの強みです。

ダークエンジェル・オリヴィエ
コントロールデッキであれば雑に入れて強いカードです。採用する場合、相手のリソース枯渇を利用して勝つプランに重点が移行するため、そもそも薔薇エルフである必要がなくなる可能性はあります。交換枠の候補にローズクイーンも入ってきますので。

デッキ概要

基本的に相手の攻撃をローズクイーンや白銀の矢のターンまで防御しきり、それらのカードで一気にリーサルする動きを目標とするデッキです。

ただし、ローズクイーンであれば9ターン目に出るダメージは最大でも15点(実際には9点か12点が多い)、白銀の矢は9点しか出ませんので、そこまでのゲームでリーサル圏内まで相手のライフを削れていなければ、両方使うか相手のリソースを枯渇させて押し切るかというようなゲームをすることになります。

効果 ファンファーレ 手札のフェアリーすべてを、薔薇の一撃に変身させる。

スペル 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

薔薇の一撃は盤面処理能力も一級品ですので、リーサルが困難でゆっくり出来る試合なら盤面に薔薇の一撃を放ちながらティアと同時展開し、一気に盤面を奪い取るゲーム展開も有効です。

なお、自然の導きは採用していませんので、リノセウスは基本的に盤面処理に回します。

デッキの長所

基本的にはコントロールデッキの一種であり、アグロに絶対に勝つことを目標にしたデッキと考えるのが丸いと思います。

また、序盤の動きはほぼ冥府エルフなので、冥府エルフをプリテンドしやすいというメリットがあります。墓地が少ない状態ならケアするべきはリノセウスだけということで守護を立ててきた相手に対し、ローズクイーンで返すことでリーサルが確定することは少なくありません。

効果 ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

あとはエルフ使いの必須科目と言われるリノ算が出来なくても回せるというのも地味に高ポイントと言えるかもしれません。

デッキの短所

攻撃的な動きが可能になるのが後半である他、自然の導きも不採用なため、超越ウィッチや冥府エルフといった環境の主要なデッキに対して絶望的な不利がついているのが問題点です。

長所をある程度諦めて少しでもこれらのデッキと戦えるようにしたいなら、自然の導きや太古の森神を加えた構築を試してみると良いでしょう。

候補カードはコチラ

マリガンの基本方針

手札枚数を維持しながら相手の盤面を処理し続けるというのが当面の目標になります。

ウォーターフェアリー、フェアリーサークル、フェアリーウィスパラー、エンシェントエルフが多くのケースでキープ対象となり、後攻ならエルフプリンセスメイジもキープ。

スペル 相手のフォロワー1体に2ダメージ。フェアリー1枚を手札に加える。

また、DP1のフォロワーが出てきやすい相手(エルフやヴァンパイアなど)にはベビーエルフ・メイ、2/2/2が多い相手(ロイヤルやネクロなど)には森荒らしへの報いも優先的にキープしたいカードとなります。

狙いたい動き

序盤

理想的な動きは3ターン目に4/5エンシェントエルフを立てる動きになりますが、そう都合よくはいかないことが多いです。

相手がアグロの可能性が高いなら、盤面の処理を最優先します。

一方でそうでないなら有利トレード以外ではフェイスを殴りに行きましょう。ある程度打点を与えておかないとエンドカードのリーサル圏内に入らないため、取れる場面では打点を取りに行くべきです。

中盤

リノセウスや森の意志などを駆使して相手に盤面有利を取らせないゲームをしていきます。

終盤までの見通しが悪い手札なら新たなる運命を持っていれば5ターン目か6ターン目には撃っておいた方が良いです。運命直後は手札にフェアリーがありませんので。

終盤

ローズクイーンが手札にあるなら、手札のフェアリー枚数の調整や、相手のライフの調整などを行います。

ローズクイーンを出すターンが隙になりやすいですが、処理や延命に長けたデッキなので、ここで1ターン稼ぐ程度なら容易なことが多いです。

スペル カードを1枚引く。その後、相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「自分の他の手札の枚数」と同じダメージ。

相手のライフをリーサル圏に持っていけない場合は白銀の矢と薔薇の一撃を両方使ってリーサルまで持っていくプランや、薔薇の一撃も盤面処理に回して盤面を取って勝つプランも検討します。

執筆者プロフィール

テンポエルフの創始者でエボルヴ環境初日にMasterランク1位や数々の大会で結果を残している実力派プレイヤー。

関連情報

デッキレシピ一覧

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事